美味いマズいは十人十色? ワタシの感想こんな感じ!
高速での二輪車すり抜けについて
2013年10月19日 (土) | 編集 |
昨日書いた西伊豆ツーリングの時に遭遇した東名での事故ですが、やはり残念な結果でした。

jiko.jpg

バイクに乗っている者なら誰でも、高速道路でのすり抜けで一度や二度はヒヤっとした経験があるはずです。でもすり抜け自体はやめられない。少なくてもワタシはやめられないと思います。

実際バイクで渋滞にハマると地獄です。車ならエアコンの効いた車内で音楽でも聞きながらまったりと待てますが、バイクの場合はそうはいかない。まして夏の路上なんて待ってたら熱中症で死んでしまう。バイクは常に走行している前提でウェアもできてるし、止まってあの厚着はかなり苦しいです。

また、バイクならすり抜けができるので、渋滞を気にせずツーリングに出られるというのも、バイクの大きな魅力です。帰りの時間も車ほど読めなくはないし、すり抜け自体も慣れればそれほど難しいことはありません。

ただ、車から見たら、邪魔でしかないのも事実。ワタシは車もバイクも乗るのでまたバイクがどういう行動を取るのか予測できますが、おそらく車しか免許がない人にとっては、横を結構なスピードですり抜けるバイクは恐怖以外の何物でもないのかもしれません。

一方バイクから見れば、車は渋滞の原因そのものであり、やはり邪魔以外の何物でもない。渋滞時の車はもうパイロンみたいなもんで、避けながら進むというのが当たり前。しかも、ウインカーも出さずに急な車線変更する車の多いことと言ったらもう・・・。ぶつかれば車はちょっとへこむだけですがバイクは確実に命の危険が伴う事故になりますから、急に出てくる車には怒りを覚えるものです。

ワタシ自身も事故にはあいたくないし、誰にもこんな事故にはあってほしくない。

そういう意味で、高速に限定すると意外に効果的では?と思うのが

「高速道路の渋滞時に限って、低速での路側帯走行を二輪車にのみ認める」

という対策です。四輪がやったら緊急車両が通れなくなりますが、二輪なら万一故障しても2人いればどけることができますから問題ないでしょう。もちろん渋滞してないところで走ったら即検挙でOK。少なくても今よりは二輪も四輪も安全に走行できます。

現状では路側帯を走行すると通行区分違反で検挙されてしまいます。この日も青葉ICあたりで警察が検問していて、渋滞の中路側帯を走行したライダーが芋づる式につかまってましたが、この状態では走行車線ですり抜けするしかないでしょう。警察もちょっと考えてくれないかなぁ・・・


それと、今回亡くなった方はおそらく雰囲気的にソロではなく集団でツーリング中だったようです。すり抜けは自分のペースで走らないと危ない。ワタシみたいにいつもソロだと自分の腕と相談して走れますが、マスツーリングではどうしても集団のペースに合わせないといけない。これは結構危険なんです。

できればマスツーリングではすり抜けはしない、または遅い人は無理について行かず、後ろからあおられたら先に行かせるようにしたいものです。イマドキは携帯電話もあるので、はぐれても合流できますから。

あと、「頭おかしいんとちゃうか?」と思うほどのスピードで抜けていくライダーも結構います。すり抜けするのはしょうがないとしても、出来るだけ周りに顰蹙を買わない走り方をしましょうよ。すり抜けてる時点でもう車から見たら顰蹙モノですが、ある程度の配慮はしたいものです。



最後にこれを読まれた四輪車の運転手さん、バイクは皆さんが思っているよりずっと速いです! 後ろから見えたと思ったらもうすぐ隣に並びますから、「通れないように幅寄せしよう」なんて思わずに、先に行かせてください。結局事故ればその日の予定は台無しになります。

先に行かせたくない気持ちもわかりますが、ちょっとでも隙間があればライダーはどうせ行っちゃいますから幅寄せしてもリスクが上がるだけです。バイクに乗ってるとホントに多いんです、無意味な幅寄せしてくる人。



関連記事
スポンサーサイト
テーマ:バイクのある生活
ジャンル:車・バイク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック