「とりあえず食ったもんUp~!!」

美味いマズいは十人十色? ワタシの感想こんな感じ!
TOPラーメン ≫ 麺ダイニング ととこ

麺ダイニング ととこ

ある日の夕方、忙しい仕事に一段落ついたので、ちょっと早上がりして行ってきました神田小川町。

こんなところに「山形ラーメン」を出す店があるというので、一度行ってみたいと思っていたのでした。

そんなお店の名前は、「麺ダイニング ととこ」さん。

「ととこ」というのは山形弁で鳥のことです。

これは山形内陸系スープが味わえるのでは?と期待しての来店。

totoko (2)

外は灼熱だったので、気分的には「つったいラーメン」を行きたいところですが、ここはまずデフォの「ととこ醤油ラーメン」をオーダー。

この日はおまけで麦ご飯か煮卵がついたのですが、山形産のご飯に心が揺れたものの、家帰ってからまた食べるので卵を選択。

汗が引くのを待っていると、ほどなくラーメン到着です。

totoko (3)

ちょうど冷房の風で海苔がラーメンを覆ってしまった。。。

さて実食です。

全般的な感想は、「山形のラーメンと言うか、山形産の材料で作ったラーメン」という感じ。たぶん山形ではこういうラーメンにお目にかかったことがない。

その理由は

①山形のラーメンは無化調が主流でない。
②山形のラーメンは全粒粉の麺はまず使わない。
③山形のラーメンの出汁は鶏のみでもない。

この3点に尽きるかな。甘めのスープであったり、醤油を山形産にしてみたりと、パーツは近いものがあるのかもしれないが、地元の人間が食べたらこれを山形のラーメンとは呼ばないだろう。チャーシューが鶏であることもちょっと違和感がある。それともワタシがいない間に、こういうのが山形の主流になったのかなぁ??

でも、「山形の」という枠を外して考えると、なかなかチャレンジングなラーメンで、こういうのがあっても面白いかな?と思います。

totoko.jpg

麺の茹で加減はちょうどよかったです。この全粒粉の麺に、この黒くて甘くて不思議なスープを合わせるというのは、ある意味ミスマッチな気もしますが食べてみると悪くない。茶卵は八角の風味なのかな? これの匂いがこのスープに合って、不思議な雰囲気を出してきます。


この何とも言えない変わった感覚を味わってみたい方は、ぜひ一度行ってみてください。


住所:千代田区神田小川町3-10-9 斉藤ビル 1F

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

kenboo(けんぶー)

Author:kenboo(けんぶー)
最近食べたモノの紹介や
FZ750でのツーリングを
メインにUPしてます。

ブログランキング