美味いマズいは十人十色? ワタシの感想こんな感じ!
しゃりん・ジャンクガレッジ(プレナ幕張店)
2012年07月29日 (日) | 編集 |
毎日暑いですね! 昨日はそんな暑い中、娘と幕張まで恐竜王国を見に行ってきました。

R0011230.jpg

大人2500円、子供1200円とはずいぶん高いなぁ・・・と思いながら、田舎じゃこんなの絶対見られないなぁと思うので、モノは試しで行ってみました。娘はやや食いつきが悪かったのですが、帰りに東京駅のキャラクターストリートに寄るという「にんじん」つきで説得。結局見たいのはワタシだけ??

R0011255.jpg

とりあえず最初からこの姿にビックリ。ワタシの知っている恐竜はトカゲみたいな肌をしてますが、最近の研究では恐竜は羽毛を纏っています。どちらかというとトカゲより鳥に近いんですね。

R0011278.jpg

ちょっとエイリアンを思い出しちゃいますね。じゃれあっているのか、戦っているのか?

R0011293.jpg

これだけの化石(というか骨格模型?)が並ぶと、流石に壮観ですね。一番デカイのは高さ19mだそうです。

R0011298.jpg

ヘッドフォンは有料の音声ガイドです。この前の特撮博物館でもこれがあって、ワタシは

「そんなのいらない」

と言って借りなかったのですが、今回のガイドは羽鳥アナの音声で、娘がどーしても借りたいというので、一回試しに借りてみました。これ、あるとやっぱりイイですね。子供が飽きずに最後まで付き合ってくれそうです。ただ500円更に余計にかかりますけど。

R0011308.jpg

ティラノサウルスの視界が体験できるコーナー。視野の広さにビックリします。この目で追いかけられたら逃げられませんね。

R0011301.jpg

ここはティラノサウルスの顎の力を学習するコーナー。口がパクパクします。

R0011313.jpg

こっちはボタンを押すとティラノサウルスが動きます。この羽毛の姿がワタシ的には結構な違和感。

R0011317.jpg

化石発掘体験。これはちょっとイマイチだったかな。デジタル版もあるのですが、こっちはもっとイマイチ。

最後におみやげコーナーでちょっとお買い物して終了。だいたい2時間くらいかかりました。全般的な印象としては

◆やはり2時間で親子3,700円は高い! 土曜日なのに結構空いていたのは、やっぱり値付けの問題かな。でも見ごたえはかなりあります。一回は見てもいいかな・・・と思うけど、できれば親1700円、子800円くらいにしてほしい。幕張まで行くのも遠いしね。

◆幕張メッセの展示会と言えば、いつも行くモーターショーとかのイメージで飲食コーナーが充実しているという印象なのですが、この展示会に関して言うと、その手のコーナーが無いです。再入場もできないので、おなかが空くと大変です。ご飯をガッツリ食べてから入場するか、おやつを持参することを推奨します。展示物の内容的にそうなっているのかもしれませんが、会場でお腹空いて親を困らせている子供を何回も見ました。ウチもちょうどお昼時に入場して、腹減りまくりでしたが、娘の朝食が遅めだったので救われました。ちなみに最後の売店には軽食コーナーがあります。


ということで、午後2時も近づいてお腹は減りまくり! そんなこの日のお昼ご飯は、事前のリサーチによりプレナ幕張で「麺」です。

フードコート形式でジャンクガレッジさんが食べられるというので、行ってまいりました。

まず娘は流石に二郎系はムリなので、隣のしゃりんさんのつけめん。

R0011323.jpg

これ、お味はTETSUさんや六厘舎さん系の豚骨+魚粉系つけめん。でも予想に反して美味い。スープはやや軽い感じがしましたが、このくらいのほうが子供には合うようで、流石にお腹も減っていたので娘も完食!

ワタシはジャンクガレッジさんのラーメン(全増し)です。

R0011324.jpg

娘が「野菜って言うか、それもやしバッカじゃん!」と横で言ってますが、確かにキャベツは欠片しかありません。でも美味いんだなぁ・・・これが。お腹もすいてるし、ガッツリと頂きます。

R0011325.jpg

この太麺ですよ。これが濃厚なスープと合わせて食べるとたまらんなぁ。最初はブラックペッパー、後半は唐辛子を入れて食べると、にんにくクサクサと相まって刺激的なお味です。

帰りの京葉線であまりの自分の臭さに耐えられず、東京駅のホームの売店で速攻でミントガム買いました。


住所:千葉市美浜区ひび野2-4 プレナ幕張 1F

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック