美味いマズいは十人十色? ワタシの感想こんな感じ!
六厘舎TOKYO
2011年06月07日 (火) | 編集 |
今日はまた出張です。駅に降りるとこんな風景。

P1000177.jpg

県庁所在地ではないはずですが、結構地方都市としてはでっかいね。

お仕事は夕方には終了で、帰りの電車ではお決まりのスタイル。

P1000178.jpg

ビールがちょっとショボいけど、ほろ酔い気分でMaxときの2階で揺られます。

この前も出張帰りに王将に行っちゃいましたけど、今回もどっかでラーメンでも食べようと思い、行ってみたのが東京駅の地下にある「東京ラーメンストリート」。

やや中途半端な時間だったので、行列も短いと思い並んでみました「六厘舎TOKYO」。

大崎にあったお店は「日本一の行列ができるラーメン屋さん」とまで言われた、つけめんの超人気店ですね。今日はいいタイミングだったのか10人強の列。回転がいいのか予想したほど待ちませんでした。

オーダーするのはもちろん、「つけめん」です。

P1000179.jpg

麺は普通盛で300gあるそうです。満びも真っ青ですな。店内に浅草開化楼の木箱が置いてあるので、ここから麺は仕入れているんですね。

かなりの極太麺。でもちょっとデジャヴ感なのは、この前食べたTETSUのつけめんと同じ方向性な気がします。モギュモギュでツルツル。食感も良いし、表面が滑らかなのもGood! こりゃまぁ並ぶわな。ビールを飲んだ後で食べるにはちょっと量的にヘビーかな?と思ったけれど、意外と一気に食べられました。

P1000180.jpg

スープも濃厚で熱々。ツルツルの麺にもよく絡む。「海苔の上の魚節」は、うーん・・・・またかと言う感じ。

食べ終わった後は、魚出汁+ゆずのスープ割り。すっきりとしてますが、ちょっと拍子抜けな感じもします。

それにしても東京で美味いラーメン・つけめんって言ったら、基本この「醬油とんこつ+ガッツリ魚粉」のパターンなんですかね? 

ついでに言うと、店員さんはとっても威勢が良いしサービスも良好ですが、最後の「喜んで!」という合言葉があまりにも機械的で、客が黙々と食べては入れ替わる様と相まって、何か自分がブロイラーになったような気がしたなぁ。

住所:千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック