美味いマズいは十人十色? ワタシの感想こんな感じ!
ケンチャンラーメン 大山支店
2011年01月28日 (金) | 編集 |
はぁ・・・今日は久々に休みをもらったので、スキーでも行ったろか? と思ったけれど、何じゃこの吹雪は?

今月はずっとこんな感じですね。ちょっと山に登ったらホワイトアウトしそうな予感。

午前中は市役所に用事があったり、TVメーカーのサービスマンがイマイチ調子の悪いワタシのニューTVを見にきたりとバタバタ過ごし、そろそろ11時も過ぎたので、さてお昼はどうしようかと・・・

昨日の時点では田代食堂に寄りつつ、たらのきだいにスキーでも・・・と思ってましたが、あまりの吹雪にそんな気分にはなれず、

「そうだ、今日は大山のニューケンチャンに行こう!」

と路線変更。いそいそと大山へラーメン食べに出かけました。

オーダーするのはワタシ的にデフォの「普通のカタメン」

110128.jpg

来ましたねぇ~! 見た目は紛れも無くケンチャン。

さて食べてはどうか・・・と食べ進めます。普通をオーダーした割には、油は少なめ味も薄め。唇がラードだらけになるあの感じが、今日のラーメンにはありません。ケンチャンにしては珍しく、最初から「食べ切れそうな感じ」がします。

この印象は食べ終わりまで続き、下手するとスープも飲み干せそうな勢いで完食。ケンチャンでこのパターンは極めて珍しい。普通は

「うーぷ! もー食えねぇ。もう当分食べなくていい・・・」

となるはずが、そうならなかったのです。普通に考えるとこれは良い評価なんでしょうが、ことケンチャンに関しては、これではいけない気がします。

麺はカタメンくらいがちょうどいい感じです。個人的にはもうちょっと固めでもいいかな。ケンチャンらしい極太ピラピラ麺。

P1000024.jpg

携帯の撮影なのでややピンボケと湯気で曇っているのはご勘弁を。

チャーシューはケンチャンらしい硬いやつ。メンマはケンチャンにしてはやや太めかもしれませんが、画像で見てみるとそんな気もするという感じ。

全般的には、ラーメンではなく「ケンチャン」を求める人にはちょっと物足りなく、逆に今までのケンチャンは無理だった人は、今ここでなら食べられるかもしれません。

そんな思いを持ちつつお店を出ると、空には晴れ間が・・・

こりゃやっぱり行くしかないと、家に帰るなりそそくさと準備して、たらのきだいに向かいました。

P1000026.jpg

でも、こんな大雪の平日にわざわざ雪と戯れたい人はいないのか、平日とはいえゲレンデには人影ほとんど無し。

最初はレッスン中の小学生団体がいたんだけど、そのうち帰ってしまうと後はもう貸切状態。しかも雪が断続的に降り続くので、ゲレンデは「うっすら新雪」のなかなか好条件!

天気こそイマイチでしたが、楽しく滑れましたよ。

住所:鶴岡市友江町16



よろしかったらポチっとお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック