FC2ブログ
美味いマズいは十人十色? ワタシの感想こんな感じ!
パストラール
2010年12月26日 (日) | 編集 |
今日から嫁さんが里帰りしまして、またもシングル状態です。午前中に駅へ見送りに行ったのですが、あいにくの悪天候で「いなほ」は遅延運転中・・・・。

でもまぁ動いているだけありがたいですね。1時間ほど遅れて出発していきました。

時間もお昼をちょっと回ってしまったので、どこかでお昼ご飯を食べなくてはいけないのですが、今日は朝から行くところを決めてました。

それが、今回のお店の「パストラール」さん。余目の「アピア」っていうショッピングモールの中にある喫茶店ですが、ここの辛みそラーメンが美味しいという記事をネットで何度か見かけて、とても気になっておりました。

ただ、なかなか足を運ばなかったのは理由があって、それは「ネットで見るラーメンの画像が正直言ってあまり美味しそうでなかった」から。でも噂では土日でも割と空いているらしいので、今日のように日曜の昼間に行く店としてはいいかも・・・と思い、やっと今回の訪問となりました。

「アピア」は一言で言うと地方の町でよくある「20年くらいまえは繁盛してたんだろうけどなぁ・・・」と言う感じの、今ではちょっと寂れたショッピングモール。その奥~の方にひっそりとお店がありました。

past.jpg

どう見ても喫茶店ですが、近くに来ると旨そうなラーメンの匂いがします。早速入店して速攻で辛みそラーメンをオーダー。

噂通り、お店は日曜の真昼間でもガラガラ。

PC260015.jpg

ここなら、家族で来てもブーイングが出なそうです。問題は後は味だけです。

PC260017.jpg

来ました! 辛みそは別皿で出てきます。スープの表面はラー油のような油が覆っていて、やや乾いた感のあるチャーシューと、やや火の通り過ぎたようなキャベツ、意味不明なわかめ・・・ 

やっぱりビジュアル的には「イマイチ」な印象。

ところが、食べてみるとこれが納得がいかないことに、かなり美味しい。思った以上にスープの味がちゃんと「赤湯系」している。

味噌の量が少なめなのか、確かに見た目通りやや薄っぺらい感じに仕上がっているのだが、味は全然悪くない。店の前の匂い通りの良いお味。こんな見た目のスープが美味いはずが無いと思ったのだが、先入観はいけません。得体の知れない美味しさです。

それと、もう一つの美味しいポイントが麺。

PC260018.jpg

もちもちの短め太麺。これがまたスープによく合います。寅真さんとかが好きな人には、それなりに気に入ってもらえると思います。ただ麺の量が庄内レベルで考えると少ない。イマイチ客の入りが悪いのは、実はここが問題なのかもしれません。オーダーする時は是非大盛で!

できれば、もうちょっと塩分のすくない味噌を選んで味噌を増量し、チャーシューをもうちょっと脂身があるものにして、スープの油を動物系でちょっと増やすと、より赤湯系に近づくと思いますが、このラーメンはこのバランスでこの地で成立しているのでしょうから、これはこれでOKなんですね、きっと。

余目では「萬人」さんという味噌の有名店があるので、ちょっと損しているかも。でも萬人さんは混んでて入れないことも少なくないので、そんな時に行ってみるのはどうでしょう?

喫茶店だけにマンガも充実。ワタシは久々に『陸奥圓明流外伝 修羅の刻』を読んで、大変満足しお店を後にしました。

住所:庄内町余目土堤下50-1



よろしかったらポチっとお願いします。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ~♪
アピアは、極々たま~に行きますが、喫茶店の存在には気がつきませんでした☆
前の記事にありましたが、あじ彩さんにはよく行きます♪あそこの麻婆飯と海老塩焼きそばの大ファンです(´∀`)

次回、余目ランチの時にアピアに行ってみたいと思います☆
2010/12/30(Thu) 11:51 | URL  | ちりげ☆ #2Qwf./yA[ 編集]
Re: こんにちわ~♪
パストラールさんは奥の奥にありましたので、何も知らないで行ったらなかなか気づかないと思います。

ワタシがお邪魔したときには常連さんと思われる方が数人いらっしゃるだけでしたが、こういうところならコーヒー一杯でも長時間粘れそうな気がします。

ちょっと入り口は入りにくい感じでしたが、中は割と居心地良さそうなお店でした。

あじ彩さんは、この後またお邪魔したんですよ。近日中にUPします。
2010/12/30(Thu) 18:42 | URL  | kenboo #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック