「とりあえず食ったもんUp~!!」

美味いマズいは十人十色? ワタシの感想こんな感じ!
TOPファストフード ≫ 藤七温泉の味付温泉玉子

藤七温泉の味付温泉玉子

一昨年に八幡平に来てハマってしまった温泉がここ。藤七温泉彩雲荘

R0010586.jpg

東北最高地「海抜1,400m」の秘湯ということになってますが、秘湯というほど奥地にあるわけではありません。八幡平アスピーテラインの見返峠を松川温泉方面に下ってすぐのところにあります。

R0010589.jpg

山の斜面を掘った混浴露天風呂が何箇所もあります。空もちょっと日が差してきて、なかなかの露天風呂日和です。

R0010591.jpg

お風呂場の撮影はマナー違反ですが、ちょうど誰もいなくなったので一枚撮影。水面が波打っているのは下からお湯とガスがボコボコ出てくるため。まさにジャグジー状態。

お風呂の中はスノコが渡してありますが、硫黄臭満載のドロをすくって腕にでも塗っていると、これまたいい気分になれます。

ずーっと入っていたいですが、だんだん雲行きが怪しくなってきました。山の天候は変わりやすいので、適当なところで終了し外で体を冷まします。

ボーっとしながら頂いたのはこれ、温泉玉子。

R0010595.jpg

味付というのがちょっと信じられませんが、確かに回りには塩が置いてません。

早速食べてみましょう。

R0010596.jpg

なかなかいい黄身の色です。味付というほどの味は無いですが、何もかけなくても確かに食べられます。うっすら塩っぽい味ですが、どうやって味がつくのかはわかりません。

R0010597.jpg

この温泉、樹海ラインの上から撮影するとこんな感じで、混浴風呂は「丸見え」です。上の段の混浴露天風呂は正直温泉の駐車場からも丸見えで、一昨年は坂を下りる最中におばさん数名からガン見されました。女性がこの風呂を水着無しで入るのはかなり難しいかと。

男女別のお風呂からは岩手山が見えるそうで両方入るのが通のようですが、この日は雲が多く岩手山は見えませんでしたので、混浴風呂だけ入って終了。

ここからは田沢湖方面に向かって鶴の湯温泉を目指すのですが、アスピーテライン出口付近から空の色が一段と黒くなりました・・・・・。

今回はどうもカッパ無しというわけにはいかないようです。

住所:八幡平市松尾寄木北の又



よろしかったらポチっとお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

編集
いいですねー
天然ポコポコお風呂(^o^)
しかし、なんでまた味付け玉子が真っ黒なの(?_?)
美味しそうだけどちょっと不思議…
2010年08月24日(Tue) 05:19
Re: タイトルなし
編集
秋田の泥湯温泉もそうですが、硫黄と反応すると黒くなるのかも。

泥湯温泉の時のUpはこれです。

http://kenboo340.blog10.fc2.com/blog-entry-305.html

この温泉も硫黄臭強烈でお勧め。
2010年08月24日(Tue) 17:55












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

kenboo(けんぶー)

Author:kenboo(けんぶー)
最近食べたモノの紹介や
FZ750でのツーリングを
メインにUPしてます。

ブログランキング