「とりあえず食ったもんUp~!!」

美味いマズいは十人十色? ワタシの感想こんな感じ!
TOPそば ≫ 蕎麦 冷麦 嵯峨谷 渋谷店

蕎麦 冷麦 嵯峨谷 渋谷店

最初に申し上げますが、今日の記事は後半がちょっと「あだるてぃー」な内容ですので、ご承知おき下さい。

先週のある日、会社帰りに久々に渋谷に出没しました。

uwerw84 (1)

某所で展覧会を見に行ってきたのですが、行く途中に目についたお店に、帰りにお邪魔しました。

uwerw84 (2)

前からずっと来たかったんですよ。嵯峨谷さん。ここ、超有名な立ち食いソバの名店です。

なんてったって立ち食いそばで十割蕎麦を提供しているお店です。

rtk54651.jpg

オーダーはもり蕎麦一択! しかし待っている間に生ビールが150円だとわかって、ビールも追加。

uwerw84 (3)

肝心のお味ですが、こりゃウメーです。十割というと、何かお上品な感じを想像していましたが、ここは田舎蕎麦スタイルですね。かなり噛みごたえのあるしっかりした麺。これは好きだなー。

uwerw84 (4)

家に帰ってまた飯を食べなくてもよければ、3枚くらいイケちゃうかも。

立ち食いのもりそばはゆで太郎も結構イイ線いっていると思っていたけれど、自分的にはこっちが上だな。この太い、固い感じが、故郷のそばを思い出させます。

150円生ビールもありがたいね。帰りの電車の揺れが気持ちよくなります。

あぁ、イイ蕎麦、イイ酒、イイ気分です。


住所:渋谷区道玄坂2-25-7 プラザ道玄坂 1F


ということで、ここからはそのイベントのお話です。

テーマはこちらでございます。

iojfwf456w.jpg

興味がある方だけ続きをご覧ください。




お邪魔したのはラブドールの展覧会「今と昔の愛人形」です、

ラブドールっていうのは、いわゆるアレです。あえて説明はしませんが・・・・。ただ、雑誌の広告に出てくるような安物ではなく、実際に購入しようとすると、軽自動車くらい買えるくらいの値段のものです。

この手のお人形さんに関するワタシの最初の思い出と言えば、学生の頃、友人がどういう手段を使ったのかわかりませんが、雑誌の広告によくあるアレを買ったというので、どう?って聞いたら

「何だかビーチボールみたいにキュッキュっていうんだよなー」

という回答で、友人ながらコイツはアホだ! と思ったことを思い出します。見たこと無いけど、安物だから実際ビーチボールみたいな風船人形だったんでしょう。

だから全く興味無かったのですが、10年くらい前かなー、どういうわけかネットで高級ラブドールを買って旅行とかに連れて行ったりする人のブログを見る機会があり、そこで初めてオリエント工業を知りました。

その時にいろいろググったところ、どうもラブドールというのはワタシの友人のような興味本位のエロ需要ではなく、もっと切実な問題のために存在しているということがわかりました。セクサロイドっていうのは今はまだアングラな感じですが、おそらくもう少し先の未来では、大きなビジネスチャンスになるんだろうなぁ・・・。


そんなこともあって、今回現物が見られるということで、お邪魔してみました。まぁ、そんな御大層な理屈を並べても、結局は興味本位ってことですけど。


会社を定時に退社してまっすぐ来たのですが、それでも入口で20分くらい待ったかな。思ったより盛況でちょっと驚きました。

中に入ると入口に黎明期のお人形さんがいらっしゃいます。いわゆるこの手の人形というと、かなり精巧なものでも過去のイメージではこんな感じかと思います。

keineg78464 (1)

これだってよくできていますが、まぁいかにも作り物っぽいですよね・・・。

それが現在に近づくと、こう変わります。

omff56.jpg

もうお顔の出来が全然違うんです。さらにこちら。

keineg78464 (3)

ここまで来ると、ちょっとドキっとします。遠目ではもう人間にしか見えません。

keineg78464 (4)

場内では製造過程のパネルも展示されていました。

keineg78464 (5)

型から作り起こされているということが、よくわかります。実際に近くによって見ると、継ぎ目があるんです。

keineg78464 (6)

このへんが今の技術の限界なのか、それとも価格と手間とのバランスなのか? まだテクノロジー的には途上なんでしょうねぇ。もっと大きな資本が入って本気になれば、一気にこの業界も変わるんじゃないかなぁ。VRとラブドールの融合なんてものあるかも。マジでワタシはこれは将来性高いと思うんだけど。そういう未来になってほしくないという気持ちもあるのですが。

keineg78464 (7)

最初はこういう型から取った顔面に加工を施していくわけですが、完成するとこうなるわけで、

keineg78464 (8)

こういうお人形さんのようなものもあれば、本当に人っぽいお顔もあって、職人の技ってスゴイなって思いました。

keineg78464 (9)

会場が狭いということもあって、場内はかなりの混雑。女性のお客さんも1~2割って感じかな。

そして、このイベントは行列に並べば実際にラブドールに触れることも可能です。

keineg78464 (10)

ワタシも30分くらい並んだかな? お触りしてきました。

基本的にどこを触ってもOK(顔はデリケートなので、優しくねって係りの人が言っていました)。

触感はやっぱり人とはどこか違う。でもここまで精巧だと、ちょっと不思議な感覚になります。皆さんやはりおぱーいを中心にお触りするわけですが、是非手と唇と耳たぶと頬を触ってみてほしいです。


そしてこの行列は・・・

keineg78464 (11)

左端にお尻の形をした神棚がありまして、100円お賽銭を入れると手前に写っているような壺(?)のようなものに指を入れることができます。ワタシもせっかくなので並んでみました。

これも感想としては「本物とは違うけど不思議な感覚」です。前に並んでいた女性が穴の触感に衝撃を受けていました。買おうとは思わんけど、ケンドーコバヤシがTENGAを連呼する気持ちがちょっとわかりました。

最後に300円でワインを頂くことができます。

keineg78464 (12)
(kenboo倫にて■を追加しました)

これは右のおぱーいを揉むと、左のおぱーいからワインが出ます。

イベントの貸し出し用かと思いきや、

「取り扱いがデリケートなので貸し出しはしていないんです。」

とスタッフさんが言っていました。


そんなこんなで貴重な体験をさせて頂きましたが、あらためて帰りに会場を振り返ると・・・

ihunlowef64.jpg

この歩道に待っている人、全部この展覧会の入場待ちの人の列です。

このイベントはもう終わってしまいましたが、もしまた似たようなイベントがあれば興味のある方は是非見てみてください。これだけ集まるんだから、全然恥ずかしいこと無いですよ。

ただ友達同士でおぱーいをみーもーしているところを撮り合っている人がいましたが、あれは記録に残るのでやめた方が・・・(爆)。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

kenbooさん おはようございます。
編集
なかなか凄いレポートを読ませていただきました。 
これとペッパー君の技術を合わせれば、
ホントにもうセクサロイドですよね・・・・・・・・・・・(^^; 
 
知らない間に世の中進んでるんですネ~
2017年06月13日(Tue) 07:40
Re: kenbooさん おはようございます。
編集
小熊のプルーさん こんばんは。

こんなツッコミにくい記事にコメントありがとうございました。

会場に着くまではとてもアングラなイベントなのかと思いきや、
あまりの人の多さにちょっと拍子抜けしました。

でもこういう産業って大事だと思うんですよ。もうちょっと人間に
近い触感にも仕上げられるんでしょうけど、たぶん耐久性がまだ
十分じゃないでしょうね。

いつかこういうのが人間のように動いたりするんだろうか?
そう思うと遠い未来にちょっとワクワクします。


2017年06月13日(Tue) 22:58
吹き出しましたよ!!
編集
これはスゴいレポートですね。
150円のビールも驚きましたが、後半の部分はぶったまげです!!
本当に本物っぽいのがあるんですね~。
スゴイですねぇ職人さん。
と同時に、大丈夫か日本? と思ったりもしました(笑)。

ボーカロイドやらロボット、AIの技術も進み、ブレードランナーがリアルに近づいている?

しかし、ワインは本当にスゴイですねぇ。
発泡酒を吹き出しました!!
右の頬をぶたれたら、左の頬を差しだしなさいというお言葉もありますが、いやはや、天才と何とかは紙一重でございますね(笑)――大丈夫か、日本?
2017年06月14日(Wed) 00:51
Re: 吹き出しましたよ!!
編集
heininさん、こんばんは。

実はこのワインのお姉さん、みーもーするとしゃべるんです。

「やめないでぇー」的な。

これはこれで凄いんですが、実はしゃべらないドールの方が
生々しいです。

お顔はオーダーで作ることも可能で、死に別れた家族に似せて
作ることもできるようです。芸能人とかは肖像権の問題で
一部を変えないとダメらしいですが。

裸より服を着せるとより人間っぽくなるので、ちょっとコワい
くらいです。

2017年06月14日(Wed) 21:43












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

kenboo(けんぶー)

Author:kenboo(けんぶー)
最近食べたモノの紹介や
FZ750でのツーリングを
メインにUPしてます。

ブログランキング