FC2ブログ

「とりあえず食ったもんUp~!!」

美味いマズいは十人十色? ワタシの感想こんな感じ!

味処いちむら

この手のバイクにはきっと乗らないだろう・・・と思っていたのですが、これは気になりますなぁ。

iofirj.jpg

ついに出ましたねぇ、レブル1100。ワタシ的にはマルチシリンダーでもないしクルーザータイプなので、カッコイイとは思うものの、自分が乗るバイクとしては選択肢に上がらないタイプのバイクなんですが、もうちょっとスクリーンがデカくてハンドルが手前で、リアケースなんかあったりしたら、旅バイクとしてはなかなかの仕上がりなんではないかと? クルコンも付くし、DCTもあったらもう楽チン!

ただそこまでやるとやっぱり重くなって、結局自分の手には余るかなぁ。

それともう一台はこちら。

iojrgf9y54g.jpg

これも気になりますなぁ、TRACER9。現行のTRACER900はワタシの場合、シート高が850mmで足がプーラプラ・・・。

好きなバイクですがこれまた自分が乗る対象にはなりえなかったのですが、この新型はシート高が810mm。形状次第では乗れるかもしれません。ただこの手のアドベンチャーバイクはシートが広かったりするので、意外に足つき悪いんですよねぇ。F900XRの775mmも全然乗れるけどFZ750の790mmより足つき悪かったしなぁ。

どちらも現物が見られるのは来年でしょうか。ちょっと気になりますなぁ。


さて、今日のUPは11/10。この日は久々にまた会社に出社。

ioj843g3w (1)

なんでかと言いますと、勤務先から

「リモートワークが主になっている社員はロッカーを召し上げるので、〇月〇日までにロッカーを空にしなさい」

と指示があったため。この次はたぶん事務所を縮小だな。世の中的にはリモートワークは非効率ということで元に戻す動きが進んでいるのに、ウチは真逆ですわ。

午前中はロッカーを片付けて、それから契約書とかの紙関係の処理。契約書も電子署名が進んではいますが、全部電子ってわけにもいかないですしねぇ。

お昼は最初、久々に中華料理の永利さんに行こうと思ったのですが、日替わり定食がイマイチだったので、またしてもこちら。

ioj843g3w (2)

味処いちむらさんです。なんでまたここか? と言いますと、前回食べたメンチカツもあれはあれでイイんですが、やっぱりいちむらと言えば「牛カツ」でしょう!

会社に来られるうちに、これはもう一度食べておかないといけません。

ioj843g3w (3)

カツオちゃんとかカキフライとかもいいんですけど・・・、今回は牛カツ定食1200円をオーダー。

ioj843g3w (4)

飲みたいけど、今日はワタシの他に1名出社してたので、流石にリームー(って一人でもダメですよ!)

そんでもってお待ちかねの牛カツですが、どうも注文を飛ばされたようで後で来た2組の後になってしまった。

流石に途中で「まだですか?」と聞くも

「今やってます」

との返事。たぶんやってねーな・・・とは思いましたが、ようやくの着膳。

ioj843g3w (5)

ホールの人がオーダーしてたのは知ってたので、飛ばしたのは中の人なんでしょうが、明らかにおかしかったので普通なら

「お待たせしましたぁ」

くらい言うもんですが、東京の場合、店員さんはたいてい彼の国の人なので、そういう文化はないんですな。残念ながら。

ioj843g3w (6)

でも牛カツはやっぱり美味かった! このドミグラスソースはメンチでも旨いけど、やっぱりこの牛カツにかかってこそ美味いのよ。

ioj843g3w (7)

中はレアで噛み締めると肉の味がじゅわーって出てきます。(゚д゚)ウマー

ioj843g3w (8)

ごはんも大盛、付け合わせも充実。1200円はややお高めですが、牛肉ですからねぇ。この味ですからねぇ。文句はないですわ。

住所:江東区豊洲4-2-7


会社帰りはロッカーの不要物を紙袋に満載にして、自宅に帰りました。いざ撤収となると、自分で買った文房具やら参考書やら、歯ブラシやらお茶やら、どーでもいいものが結構入っていて、撤収するのも面倒でした。

でもすっからかんになったので、退職するときはたぶん楽ですな。年齢的にもそう遠くないわけですし。

以前は退職というと、連日飲んで最終日はお花渡して、皆で見送ったもんです。もうそういうのはウチの会社では無理かもね。いつの間にか辞めてた人もいるし。最近はウチの会社も役員に外人も増え、すっかり外資系企業みたいになっちゃった。なんだか寂しいねぇ。


夜はやっぱりこれを見ながらの一杯!

ioj843g3w (9)

町中華で飲ろうぜのベビースター、玉ちゃんのやつが売って無くて今回は姐さんのバージョンのみ。

スポンサーサイト



HOME このページの一番上へ