FC2ブログ
末廣ラーメン本舗 青森本町店
2010年08月08日 (日) | 編集 |
むつ科学技術館から次の目的地である尻屋崎方向を見ると、こんな絵になります。

R0010471.jpg

物凄い数の風車です。環境に優しいんだか何だか知りませんが、正直ムカつきます。ここまで景観を壊していいんでしょうか? 日本の防波堤も外国観光者には評判悪いですが、それよりこれはひどいと思います。

それと、これ見るとこれを連想しちゃうんです。

eva.jpg

使途爆発!(オタクな話題ですみません)

これってホントに間近で見ると異様です。昔は無かったんだけどなぁ・・・・

そんなことを思いながら、尻屋崎到着。

R0010483.jpg

今日はお馬さんが多数! 17:00になるとゲートが閉まるので、もうそんなに時間は無いのですが、結構見ている家族連れやアベックも多かったです。

お馬さんの後はヒバの埋没林を見物。

R0010497.jpg

正直夕方に来るところじゃないです。ちょっと薄気味悪い。しかもアブに追いかけられながらの遊歩道なので、見た気がしませんでした。

R0010516.jpg

陸奥湾に沈む夕日です。一眼レフで沈む瞬間を待っている人もチラホラ・・・でも雲があるので水平線に落ちる夕日は見られないかなぁ。そういうのは庄内でいくらでも見ることが出来ますから、さっさと先に進みます。

今日の晩御飯は事前に「青森 ラーメン」でググったらヒットしたここ、末廣ラーメン本舗さん。実は本店は秋田なんですけど、ちょっと気になったもので。

実は昨日激混みの青森市街地に行ったのは、ここの場所を確認するためでした。昨日もかなりイイ匂いが漂っていて、かなり期待していたんですよ。しかも24時間営業。朝ラーも考えましたが、ここは無難に晩御飯で頂きます。

最近は歩道にバイク止めると駐車違反になっちゃうことがあるのでちょっと困り者ですが、まぁ夜だしいいかぁ・・・と店の前にバイクを止め、店内の券売機でラーメンとミニチャーハンを購入。

チャーハンの炒める匂いがとても香ばしくて期待しちゃいます。でも香ばしいのには理由があったんです。

チャーハンが出てきてびっくり!

R0010518.jpg

ま、真っ黒です。しょうゆ味ガッツリのチャーハンは初めて見ました。

味わったことの無い味なのですが、焼きおにぎりみたいで悪くは無い。でもラーメンと一緒に食べるチャーハンとしては味が濃すぎてどうかなぁ・・・・。

そしてラーメンも到着。

R0010520.jpg

画像ではわかりにくいですが、これも真っ黒。

カウンターの上にはどんぶりの中にネギがたっぷり。ネギは食べ放題ですが、そうそう食べられるもんでもないのでほどほどに。

スープはしょっぱめで醤油の味が強く甘みは少なめ。なかなかいい味を出してますが見た目ほどのパンチは無い。富山ブラックのようにスパイシーにすると美味しいのかと思って胡椒を振ってみましたが、思ったような感じにはなりませんでした。匂いはとっても美味しそうなんですが、味はそれほどでもないなぁ。

麺は細めのストレート。これもスープに合ってるけどまぁ普通。チャーシューはいっぱい載っていて美味しい。

食べ終わっても正直醤油の印象しか残らない。不味くは無いのですが、ちょっと期待と違ったかな。

食べ終わった後は、昨日の健康ランドに戻り、またもアルコールをガッと飲んで寝ます。

明日は南下して帰宅ですが、もう一日留まっていたい感じです。でも明日は雨なんだよなぁ・・・

住所:青森市本町2-4-9 福徳第一ビル1A



よろしかったらポチっとお願いします。


スポンサーサイト



テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
ランチ難民の果てに・・・修景公園奥薬研レストハウス
2010年08月08日 (日) | 編集 |
大間を後にしたワタシは、ツーリングマップルに書いてある木野部峠の「北見台食堂」を目指します。

R0010637.jpg

もう13:00も過ぎているので、いかに朝にヨシギューをガッツリ食べたワタシでもかなり空腹。

途中で下風呂温泉を通ると「あさの食堂」の看板が・・・・。

そういえば「ここは確か活イカの刺身が食べられるって何かで読んだな」と思って注意して街道の両側をチェックするが、店が見つけられない。かなりお腹も減ってきたが、見つからないので先を急ぎます。

今度は「活イカ備蓄センター」の看板が。

ikiika.jpg

イカのレースが見れるとの看板だが、イカは食べたいのであってレースは見たくない。またも通り過ぎて木野部峠を目指します。

しかし・・・木野部峠でどーしてもお目当ての北見台食堂が見つからない。その内に大畑に着いてしまいました。

引き返して峠周辺を探しても見つからない。。。。

大畑の街中を彷徨っても適当なお店が見つからない。。。。

完全なランチ難民です。

結局この辺で食べるのはあきらめて、奥薬研のレストハウスを目指します。2年前に立ち寄った時に、確かここで簡単なものが食べられたはずと覚えていたので、先を急ぎます。

R0010456.jpg

結局ここに着いたのは14:00頃。もはや限界です。。。

早速メニューをチェックすると、売りは「イカ墨ラーメン」と「豚丼」。

R0010452.jpg

夜は青森でラーメンを食べる予定なので、ここは豚丼を選択。

R0010455.jpg

やっとご飯にありつけたよ~

お味はとっても家庭的。ちょっと片栗粉つけて焼いた豚がちょうど良い塩梅で美味い! 空腹だから何食べても美味いとも思いますが、とにかく一気に食べ進みました。半熟玉子との相性も抜群!

それにしても活イカが食べられなくて残念。

帰宅後に調べたら、実は「あさの食堂」は国道の一本奥の道にあり、「活イカ備蓄センター」も食事できたんです。お目当ての北見台食堂はネットで検索できなかったので、きっと無くなったんでしょ。2008年度版のマップルなんか持って行ったから・・・・

ほら、活イカってこんなに透き通って美味しそうです! 

ikiika2.jpg

庄内もイカはいっぱい取れますが、「いけすのあるお店」って見かけないです。確かに魚も「締めたてよりも多少熟成したほうが」とは言いますが、イカに関しては言い方は悪いですが「殺したて」が一番美味いと思います。

九州方面から異動してきた勤め先の知り合いが

「単に新鮮な魚は海に近い街ならスーパーでも食べられる。そんな街で魚で客を呼ぼうと思ったら活き作りだよ! なぜ庄内人はそこにビジネスチャンスを見出さないのかなぁ?」

と言ってたけど、いけすを作るには「生きた魚をお店まで運ぶ」手段が必要なので、そういう文化の無い町ではそう簡単にはいかないんだろうなぁ。

ちょっと活きイカ食べられなかったのは残念ですが、それはまた次回のツーリングに取っておきましょう。

食事で満ち足りた後は温泉です。

今回は混浴のかっぱの湯に行こうとしましたが、

R0010458.jpg

入浴禁止でした。無理して入ろうと思いましたが、見物客がちらほらいたのであきらめます。

お風呂はこんなに綺麗なのにね。

R0010459.jpg

しかたないので、レストハウスに隣接している「夫婦かっぱの湯」にお邪魔します。

P1010022_20100817182756.jpg

今日はアブもいなくて、ゆっくり入れました。

ランチ難民になったことも忘れ、しばし「命の洗濯」です。

奥薬研でひとっ風呂の後は、尻屋崎方面に向かいますが、その前にちょっと寄り道して「むつ科学技術館」へ。

R0010466.jpg

原子力船「むつ」の原子炉室が展示されています。単なるレプリカだと思ったら実物なのね。ちょっとビックリです。

ちょっとインドアなところで涼んだ後は、尻屋崎の寒立馬に会いに行きます。



よろしかったらポチっとお願いします。
テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行
吉野家 7号線青森西店
2010年08月08日 (日) | 編集 |
健康ランドでは耳栓とアイマスクが必須と書きましたが、これには一点だけ弊害があります。

目も見えず音も聞こえにくいので、運が悪いと朝起きるタイミングを逸してしまいます。

夏のツーリングでは朝の一時間がとても貴重。この日も6:00から朝風呂入って速攻で出かけるはずが、ちょっと寝坊してしまい、結局発車したのは7:00過ぎてたかなぁ。

そんな貴重な朝のご飯タイムは短時間にするために「ヨシギュー」。あおもり健康ランドのすぐそばにあります。

P1000222.jpg

しかし、ちょっと出遅れたせいなのか? 朝定食がメンドクサイせいか? 出てくるまで15分もかかってしまった。流石に牛丼屋で15分も待つと、ちょっとイラっと来てしまいます。

ここでは明日も食べる予定なので、明日はもう少し早く来よう!

住所:青森市大字石江字高間39-1

R0010397.jpg

そこからは一気に走って下北半島の真ん中辺の「横浜」で休憩。海の向こうは恐山方面です。

むつ市では娘から電話をもらい、日光ガンガンの路肩で長電話。ちょっと暑い・・・・

R0010402.jpg

むつから川内に向かう途中、久々に手放し運転で撮影などしてみました。そこからは川内→県道46&253→牛滝と進みます。

2年前仏ヶ浦でアクシデントがあって、あの高低差のある遊歩道を真夏に2往復したワタシとしては

「仏ヶ浦は海から見たほうがいい」

と判断。今回は牛滝から遊覧船でアプローチしました。

R0010414.jpg

指差しているのはガイドさん。往復1000円ですが、海から見たほうが全体がよく見えて綺麗です。上陸して30分散策も出来ます。船は底がガラス張りで海底も見ることが出来、なかなか満足度が高いです。

ここで1時間ほど時間を使った後は、大間を目指します。着いたの13:00ちょっと前でしょうか。意外とこのあたりは時間がかかります。

R0010446.jpg

曇天だったので対岸の北海道は良く見えませんでした。時間的には昼食に丁度いいのですが、ここも2年前にあまり良い思い出が無いので、カブト焼きだけ見て先に進みます。

R0010451.jpg

でもここで食べない選択って、結局後で考えると失敗だったんだよなぁ・・・ せめて素直に途中の仏ヶ浦ドライブインにでも寄っておけばよかった



よろしかったらポチっとお願いします。

テーマ:ファーストフード
ジャンル:グルメ