「とりあえず食ったもんUp~!!」

美味いマズいは十人十色? ワタシの感想こんな感じ!

名代三角そばや 湯沢店

GW突入中ですが、娘は今日は学校。しかも今日は晴天で降水確率0%とくれば、こりゃもうバイクに乗るしかありません。昨日の夜から、今日はどこにツーリング行こうかな??と考えましたが、結局鳥海山大回り一周ということで、「鶴岡-新庄-湯沢-矢島-鳥海山-遊佐-酒田-鶴岡」というコースを選択。なかなかいいコースで結構ワインディングロードを満喫してきました。

今回のコースの一つの目玉が、十文字ラーメン。 「マルタマ、 三角そばや、 丸竹」というのが代表店とのことですが、三角そばやは湯沢に支店があるようなので、とりあえずこちらにお邪魔することにしました。お店に着いたら何と食券が一番クジ! 画像はチャーシューメン750円也。

P1010027.jpg


十文字ラーメンは初体験! あっさりとした醤油味の魚系スープと米沢ラーメンもビックリの極細縮れ麺。それと具に麸が入ります。

食べてすぐ思い出したのが、余目の八千代。ちょっと麺が柔らかいところまで八千代っぽい。スープはちょっと違うけど、全部飲みほせるあっさり味なのは一緒。

正直十文字ラーメンって、ウィキペディアにも書いてあるように「おやつ感覚」ならこういうのもアリかなぁ。一言で言うと、「食い応えが無い」。美味いことは美味いけど、軽食って感じ。

庄内でこの量で750円取ったら、すぐ潰れそうな予感が・・・・。

住所:秋田県湯沢市沖鶴138-1
スポンサーサイト

「いこいの村庄内」のキャンドルボーイ屋台

今日は娘とスパールでプールです。いやー、日頃の運動不足がこたえます・・・・。

プールの後は庄内いこいの村のチューリップ祭を見物に行きましたが、ここにこの時期に来ると、娘は必ずバッテリーカーに乗りたがります。となると、100円玉がいるのですが、あいにく手持ちの100円が全く無い。仕方が無いので乗らないで帰ろうとすると、屋台が目の中に飛び込んできました。

それじゃぁということで、手持ちの500円で何か買って100円玉をお釣りでもらおうということになったのですが、さて何を食べよう・・・・と考えたところ、「キャンドルボーイ」の看板が飛び込んできたので、400円と高いですがとりあえずコレを買うことにしました。

P1010013.jpg


しかし、ここの屋台のおじさん、へたくそなのか、キャンドルになっていない・・・。揚げている最中にほどけてくるみたいで、バラバラの衣・・・・・。

でも、味は美味いのか・・・と思ったけれど、思いっきり油が回った味で、はっきり言ってマズイ!

しかし、娘は満足で、この前鶴岡公園で食べれなかった雪辱を果たした模様。おまけにバッテリーカーにも乗れたので、大満足だったようです。

住所:山形県鶴岡市千安京田字龍花山1-1

鈴木そば

比較的ウチの近所でお気に入りのお店です。いわゆるケンチャン系ですが、ケンチャンほどラードがキツクなく、満びほど麺がボリボリせず、ツマと娘を連れて行っても問題ないという、ありがたいお店です。

080419-112151.jpg


いわゆるケンチャン系の場合、メンマが細いのが特徴ですが、ワタシはこのメンマは普通の太さの方が絶対このケンチャン系には合うと思うんだけど、何で細切りにするんだろう?? 不思議です。

続きを読む »

鶴岡公園のお花見

今日は仕事のストレスが満杯になってしまったので、「もーいいっ!!」と連日の残業を切り上げ、仕事をブッチして家に電話し

「今から花見行くぞ!」

ということで、行ってきました鶴岡公園。天気も良くてすごい混雑です。子連れで夜桜はちょっと寒いので、お座敷に上がってちょっとビールでも・・・ということに。

こんなところでまでラーメン食べなくても・・・と思いますが、「飛島のあごダシ」なんて書いてあったもんだから、つい食べてしまったよ。

4-15P1010062.jpg


ちょっと暗かったせいかピンボケですみません。

まぁお味のほうは特に何もいうことは無いですが、意外な場所で食べたせいか、思ったより美味しく食べられましたよ。いちおう魚系のスープの味しましたし。麺ものびてなかったし。こちらで食べたものの中ではもっともマトモでした。

追)
あまりの行列でツマから並ぶ許可が出なかったのですが、あの「キャンドルボーイ」ってそんなに美味しいの?? 興味深々です。

住所:鶴岡公園内です。

山形自動車道寒河江SA

ツマが寒河江SAのにらもやしラーメンが食べたいというので、この前お昼におじゃましました。ワタシは五目焼きそばが食べたい気分だったのですが、ここにはメニューに無いし、それではちょっと違うものをということで、食べたのがこれ。岩のり塩ラーメンです。

080412-115426.jpg

続きを読む »

HOME このページの一番上へ