FC2ブログ
美味いマズいは十人十色? ワタシの感想こんな感じ!
「森川美穂 50th Birthday Special Live」に行ってきました
2018年05月16日 (水) | 編集 |
赤い彗星鑑賞からの続きです。向かった先は渋谷のMt.RAINIER HALL

hjfb78ge (9)

森川美穂さんの50th Birthday Special Live。「誰それ?」という方もいらっしゃるかもしれませんが、「ナディアのOPの人」と言えばわかる方も多いのでは?



実はワタシ全くこのアニメは見ていないんですが・・・。
(いつかじっくり見ようと思いながら今に至る)

森川美穂さんのことは「B級アイドル」という人もいらっしゃいますが、ワタシとしては「ガールポップ」シンガーとしての印象が強く、"Vocalization"と"POP THE TOP! "はホントに名盤!

yglwfwe.jpg

東京に引っ越す際に保管場所が無くてほとんどのCDを手放してしまいましたが、これはずっと持っています。

とは言え、アイドル時代を否定するつもりは全くなくて、「赤い涙」とかも大好物です。



森川美穂さんは遠い昔、地元のFM局の公開録音にゲストで来ていただいたことがありまして、ちょうど「姫様ズーム・イン」を出してすぐくらいだったと思います。見に行きたかったんですが、理由をよく覚えていないもののとにかく行けなかったんです。

今回はその雪辱を晴らすと言いますか、まーそんな感じ。で、まずは一杯。ワンドリンク600円。

hjfb78ge (11)

Mt.RAINIER HALLは思いのほかコンパクトなホールで、たぶん300人くらいの収容ですかね。1Fの最後列だったのですが、そもそも11列しかないので最後列でもステージがよく見えます。しかも日頃の行いがよかったのか? たまたま前席が空いていたので、ホントに視界良好。

今回のライブの客層はワタシと似たようなオジサンが中心。もうちょっと女性ファンがいるのかな?とも思ったのですが、そーでもなかったなぁ。もしかすると夜の部だったからかもしれません。

で、肝心のライブなんですが、今回ホイホイレコードさんが入っていたのでセトリはCDを検索すれば程なく確認できるだろうと思いきや、実際はそーでもないみたい。

始まりは特に演出らしいものはなく、バンドの皆さんゾロゾロと入ってきて、その後「キレイなお姉さん風の美穂さん」登場!で、即スタートとシンプルな展開。一曲目は「輝きたい」。



外見はキレイなお姉さんでもMCは多少毒もあり、お姉さんというよりオトコ「姉御」の方が似合うかな。

「ラヴィン・ユー」、「アフリカの風」、「スタンダード」なんてノリのいい曲から、「教室」、「PRIDE」、「おんなになあれ」、「姫様ズーム・イン」あたりの初期のナンバーまで、色あせない歌唱力で歌い上げていきます。デビュー曲の「教室」を今でも原曲キーのまま違和感なく歌えるのは、ある意味スゴイですねぇ。ご本人は「教室」を歌うのは好きじゃないようで、当分封印されるとおっしゃっていましたが、ワタシは当時も今も、ご本人に似合わない曲とは思いません。今日これを聴けて本当に良かったです。

カバーも3曲披露。岩崎宏美さんの「思秋期」、梓みちよさんの「二人でお酒を」、沢田研二さんの「カサブランカ・ダンディ」。

アイドルソングよりガールポップより「歌謡曲」が好きだったと語る美穂さん。岩崎宏美さんは前からちょっと声質が似ていると思っていたので、たぶんイイ感じになるだろうと思いましたが予想通りの印象。それにしてもあえてMCでふれた「万華鏡」ではなく「思秋期」を選ぶとは渋い! 「カサブランカ・ダンディ」は井上堯之さんが亡くなったばかりだったのでこれを選んだというわけでもなさそうでしたが、ある意味タイムリーでした。

後半はナディアの「ブルーウォーター」でみんなで青いサイリュームを振ってお誕生日のお祝い。最後は「Life is Beautiful」でしっとりと締めるという展開。



いちおうホイホイレコードさんで確認できる内容は、アンコールの前まででこんな感じ。

・輝きたい
・アフリカの風
・LOVIN' YOU
・スタンダード
・遠い空を
・思秋期
・二人でお酒を
・カサブランカ・ダンディ
・教室
・姫様ズームイン
・おんなになあれ
・プライド
・ブルーウォーター
・ビニールの傘
・Life is Beautiful

そしてこの日一番のビックリポイントが、"Life is Beautiful"が終わった後に、誰もステージから動くことなく、

「ここからアンコールです。」

って、やや渇いた笑いの中でアンコールスタート。これは初めての経験。

今年の秋にニューアルバムが出るようなのですが、何と松井五郎さんプロデュース!

「ガールポップもいいけれど、50歳を過ぎて皆さんに自分の人生を振り返りながら聴き入ってもらえるような歌が無いので、そういう歌をこれから歌っていきたい」

的なMCの中、「ユメサライ」や新しいアルバムに収録予定の曲などを熱唱。リリース前なのでCDには入らないのかなぁ。しみじみとイイ曲でしたが、これからこの路線中心で行くのは、最初ちょっと違和感を感じました。やはりワタシの中で森川美穂は「元気のいいポップな曲」で確固たるポジションを得た人というイメージが強い。またご本人の歌唱力も全然色褪せないので、あえてしみじみ聴くような曲を主体に進まなくても・・・。もちろんスローなナンバーも上手に歌われる方ですが。

ただ今回のMCを聞く限り、かつてのスタイルが本人の望んだ形と完全に一致していないのかもしれません。だからこの辺で一度好きなようにやってみようかな・・・ということなのかも。今日の歌声を聴く限り、10年後でも全く変わらず元気な曲が歌えそうだから、今は歌いたい歌をやりたいようにやってみたらいいよ、と思い直しました。

まぁアニメファンはしつこいですから、とりあえず「ブルーウォーター」がある限り大丈夫でしょう。是非これからもいい歌を歌い続けてください。でも過去の曲もやっぱり聞きたいな。ファンは「何度聴いても飽きないからファンでいられる」わけだし。


そんな思いを抱きつつ、ライブの後はこちらに直行。

hjfb78ge (12)

吉祥寺の弁天湯さん。今日は5/5ですから・・・

hjfb78ge (13)

やっぱりしょうぶ湯に入っておかないと! 弁天湯さんはお風呂場にシャンプーとボディーソープがあるので、、タオルさえあればOK! 久々の銭湯はいい気分になれます。

そして入浴の後はやっぱりビールなので、今日はグラバー亭で「焼きそば・ビール・餃子」の3点セット! と決めていたのですが、まさかの閉店ガラガラ。

渋々日高屋に緊急ピットイン。もういい加減腹減った。。。

hjfb78ge (14)

ビールは泡多いし、野菜は小間切れだし、ちょっとブルー。

hjfb78ge (15)

餃子は美味し。日高屋の餃子は意外なほど美味しい。

hjfb78ge (16)

そして小ラーメン200円。こんなのでちょうどイイ。

あとは疲れて寝るだけよ。
スポンサーサイト
テーマ:ライヴレポ・感想
ジャンル:音楽
「杉山清貴&オメガトライブ35周年ライブ@飯能」に行ってきました
2018年05月10日 (木) | 編集 |
いつものGWだとたいてい遠目のツーリングを一回入れているのですが、今年は珍しく全くなし。
(箱根オフ会はツーリングとはちょっと違うし)

というのも、今回はGW中に3つライブの予定を入れていて、何んとなーく全体の予定が組みにくかったから。

今日のUPはSRS2018に続く、2つ目のライブ、「杉山清貴&オメガトライブの35周年ライブ@飯能」です。

それにしてもなぜに飯能?? 全然海も無いし、湘南とも縁遠いし。まぁでも5/5の日比谷野音を取りこぼして落胆していたところにまさかのプレライブ! こりゃー行くしかないわけで。

お昼は国分寺で麺活と思いましたが・・・

uihu8465rg (1)

並ぶほどの時間の余裕は無いし、最近ラーメン続きでしたので、今回は牛丼で軽くいきます。

uihu8465rg (2)

辛い系が食べたい気分もありましたが、観てる最中にお腹がギュルっと来てもあれなので。

uihu8465rg (3)

西武国分寺線って初めて乗りましたが、4駅でもう終点の東村山なのね。

uihu8465rg (4)

すぐ西武新宿線に乗り換えて、所沢で池袋線に乗り換え。この辺も初めて乗るわけですが・・・

uihu8465rg (5)

思っていたのと逆から来たのでビックリ! なんで?? と思ってググってみたら、

uihu8465rg (6)

こんな交差してるんですね。知恵の輪みたい。ここから9駅で飯能なんですが・・・

uihu8465rg (7)

ガラーンとしてます。いかにも地方都市って感じが個人的には好き。ここから徒歩20分ということなので、1Km強ということなんですが・・・

uihu8465rg (8)

画像を撮り忘れたのでグーグルMAP様のをお借りしますが、歩道も無いような田舎道をスマホに案内されます。ちょっと市民会館があるような感じに全く見えないのですが、この道で合っているのかとやや不安。

uihu8465rg (9)

後でググってみたら、この市民会館、山の際にあるのね。

uihu8465rg (10)

そんなこんなで飯能市市民会館到着。バイクで来ればよかったかな?

uihu8465rg (12)

「杉山清貴&オメガトライブ The open air live"High & High"2018 Pre Live」。完売御礼!

一旦中に入って水分補給しようかと思ったけど、自販機がしょぼいんじゃ! しかたなく外に出てみると、

uihu8465rg (11)

駐車場がまだ空いています。こりゃ車でもよかったなぁ。最初から場所をチェックしていれば、だだっ広い駐車場が確認できたはず。

駐車場の自販機でスポドリを購入し、いざ入場。開演30分前でしたが、グッズはCDとDVDしかすでにありませんでした。ワタシは買うつもりなかったけど期待していた人はちょっと残念だったかも。

uihu8465rg (13)

結構後ろの席でしたが、少し前が通路だったのと会場自体もコンパクトだったので視界は良好! それにしても館内はエアコンが効きすぎていて寒いです。こりゃ"Transit in Summer"の前フリ? 長袖シャツを羽織って開演を待ちます。

そして定刻通り開演ですが、最初の4曲は前身となったバンドの「きゅうてぃぱんちょす」から。杉山さんが「最初からオメガだとしんどいからこれでまず慣らして・・・」的なMCでスタート。

・ゴスペルの夜
・MY LIFE
・乗り遅れた747
・ONE MORE CHANCE

その後一旦休憩タイムで "Never Ending Summer Ⅰ" が流れ出すと、皆さん手拍子で待ちきれない!!


(ちなみにワタシはⅡが好きです)

そしてオメガで仕切りなおして開演! A.D.1959からのSummer Suspicionでいきなり総立ちっす。一気に頭の中の時間が80'sに戻っていきます。



最初にSummer Suspicionを使っちゃうと最後は「ショック!なアレ」だなと思いつつ、何を今日は演奏してくれるのかなぁ・・・と期待しながら聞き入ります。

セットリストはなんと、「AQUA CITY全曲+シングル全曲」

・A.D.1959
・SUMMER SUSPICION
・LIGHT MORNING
・渚のsea-dog
・PADDLING TO YOU
・君のハートはマリンブルー
・TRADE WIND
・ふたりの夏物語
・TRANSIT IN SUMMER
・SEXY HALATION
・サイレンスがいっぱい
・MIDNIGHT DOWN TOWN
・ガラスのPALM TREE
・RIVERSIDE HOTEL
・ASPHALT LADY
・海風通信
 (アンコール)
・ALONE AGAIN

という構成。これはある意味泣けてくる! たぶん一番聞いたCD(っていうかLP)がAQUA CITYなワタシは、これならば全曲歌えるくらいよく知っています。これとFIRST FINALEはマジ鉄板!

そしてそして、まさかライブで"Light Morning"が聞けるとは思わなかった! これツーリングで海岸線流してるときなんかによく口ずさむんですが、どっちかと言うとマイナーな曲なので、嬉しい限りです。

"PADDLING TO YOU"も西湘とか流してる時によく歌います。カットバックで風になぁるぅ~!

もちろん「クーラーが効きすぎてるね♪」の"Transit in Summer"もよかったなぁ。シングルでは"Riverside Hotel"の「りぃーめーんばぁ~♪」が艶々しててたまらんかったのぉ。

もうアラカンの杉山さん。ほっそりとした風貌は遠くから見ると松木安太郎さんチックになり、歌い方も円熟さが加わっていますが、声は全く変わらない。今でも原曲キーで透明感あふれる歌が聞けるなんて! 努力もされているんでしょうけど、まさに神が与えた才能。

アレンジもほぼ変えずオリジナルに忠実な演奏もよかったです。せっかくの全員集合でアコースティックVerとか流されたらシラケちゃいますから。途中、「ふたりの夏物語」とかめっちゃテンポが速くてビックリしましたが、このへんはプレライブなので許してちょってことかな。杉山さんも「速いよぉ~!」って思わずおっしゃっていました。

そして最後はやっぱりあの曲、「アスファルト・レディ」でショック祭りからの海風通信。アンコールはしっとりと"ALONE AGAIN"でした。



杉山さんだけじゃなく、他のメンバーのMCも面白かったなぁ。大島さんの「ユニットバスで即席ラーメンの話」がめっちゃツボにハマッた。あと吉田さんの「一人でツインギターの曲をやるのはしんどいことが身にしみた話」も面白かったし、西原さんの「5万円でベストテンの中継請け負いましたの話」や高島さんの「よんどころない事情で観客としてオメガのライブを見た話」も楽しかった。

できればもっとオメガトライブでライブをしてほしいと思うのですが、杉山さんがMCで「オメガは全体を統括するプロデューサがいて、そのコンセプトを構成する作家さんがいて、パフォーマンスをするバンドがあってのプロジェクトだった。今同じ作家さんとバンドで新曲を作ってもあの頃の曲にはならない。だから新曲はもう無いんです」的なことをおっしゃっていて、それだと頻繁にライブはできないんだろうなぁ・・・なんて思っていたら、まさかの来年に全国ツアー決定!

これはもうまた行くしかないでしょう! 中野サンプラザ。 でもチケットが取れるかどうかが一番の問題です。今回外れた人も応募するだろうしなぁ。

@飯能市民会館 🤙🏽😎

杉山清貴 KIYOTAKA SUGIYAMAさん(@islandafternoon)がシェアした投稿 -



そんなこんなであっという間の2時間40分。いやー楽しかった。日比谷には行けなかったけど満足満足! バイクに乗ってる時はヘルメットの中で「1人LIVE EMOTION」をよくやってるので、次回はROUTE134やTHE END OF THE RIVERも聴きたいなぁ。

もちろん杉山さんはソロでいろいろやってらっしゃるので、それはそれでまた観にいこうと思います。前から南佳孝さんとのライブ観たいなぁ・・と思ってるし。

テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
FZ750オフ会からのSRS2018参戦!
2018年05月04日 (金) | 編集 |
この日は4/29。年に一度のこれの日でした。


昨年も行こうとしていたのですが、前日の夜に行ったスーパーロボット魂のライブで精魂尽き果てて、思いっきり寝坊して行けませんでした。でも今年は大丈夫なんです。なぜなら同じ日だから(爆)。

でも予定より朝30分遅く起きたので、ちょっと焦りつつ出発。川崎街道から東名川崎にて高速にイン。

6jmpge8457 (1)

ちょっと走ったらすぐ渋滞でしたが、バイクなので問題なし。すり抜けまくりすてぃーで先に進みます。

6jmpge8457 (2)

海老名JCT。今日は富士山も綺麗です。

6jmpge8457 (3)

西湘バイパス。確かRD/RZミーティングも同じ大観山だったような気が。いつもより2スト多し。

そんなこんなで予定よりだいぶ遅れて西湘PA。もう皆さん移動されたかと思いきや、まだいらっしゃいました。

6jmpge8457 (4)

もう駐車場はカオス状態です。新参者なのでどの方が誰なのかイマイチわかりませんが、バイクを見てるだけでも楽しい。

6jmpge8457 (5)

何かもうここだけで十分な気がしますが、皆さんで移動です。昨年は椿ライン経由だったようで、今年もそっちに行くようです。何故に箱根新道から行かんのか?とも思いましたが、ワタシは椿ラインは走ったこと無いので、ちょうどいいからついていくことにします。

西湘バイパスは皆さんいつもこれなのか、あいかわらずの爆走。そして真鶴道路と進んでいきますが、列がバラけて迷子状態。よくわからない感じなってきましたが、途中コンビニでトイレ&給水休憩しつつ、ナビ任せで上がっていきます。

椿ラインはかなりクネクネしてますな。峠攻めのライダーも多いようですが、ワタシははっきり言って持て余す道路。

そんなこんなで遅れて到着。

6jmpge8457 (6)

今年はあんなに縁のない富士山がバッチリ! 

バイクを停めたらすぐお声がけ頂いたので、何のことやらと思いきやこのブログを見て頂いた方のようです。家も割とご近所のようで、いろいろお話させて頂きました。ありがとうございました。

ワタシも以前30周年オフ会でニアミスしてしまったダルマさんにお会いしたかったのですが、どうも今回はいらしていない様子。最近ブログも更新されていないので、どーしたのかなぁ・・・?

6jmpge8457 (7)

それとこちらの「東北のバイク乗り」のステッカーの方にお話をお聞きしたかったのですが、バイクのそばに誰もいなくてお話できませんでした。

6jmpge8457 (8)

このディスクは何の流用なのかをお聞きしたかったのですが、新参者のワタシは誰がどのバイクのオーナーさんかわからないので・・・。まぁ回数重ねるしかないですね。

向かい側で2スト祭り!

78hifhfg.jpg

こっちも気になりますので、ザックリ眺めます。

6jmpge8457 (9)

それにしても富士山がキレイです。本来であれば周辺をツーリングしてナル撮りしたいところですが、今日はそんな余裕はありません。速攻で帰って次の準備をしないといけません。

帰りは箱根新道→小田厚→東名で一気に帰り、午後1:00には自宅に戻りました。家でシャワー浴びてざるそば食べて、さぁ後半戦のために電車で移動です。

6jmpge8457 (10)

青海駅。何かイベントやってますが、こっちではありません。

6jmpge8457 (11)

ZEPP TOKYO。もちろんこれです。

2018srs_600.jpg

昨年はDay1のリアルロボットの方に参加したのですが、今回はDay2のスパロボ。理由は「大王ささきいさお様の生歌が聞きたい!」というこの一点です。昨年もDay2に行こうとして抽選外れたので、今回はやったね!って感じ。

6jmpge8457 (12)

今回もS席は外れましたが、A席の3列目なので視界は前回より全然良好。前回のDay1はA席の最後尾でしたので、スタンディング席と変わらんかった。MIQ姉が昨年言ってた通り、Day2の方が年齢層は上。自分も含めて、もー加齢臭ムンムンです。

ちなみに当日の曲順はこちら。

setori001.jpg
(ネタ元はこちらです)

大王様もご高齢なので出来るだけ早く聴きたいと思ったのですが、いらん心配でした。全然スゲーのよ、歌が。ご本人は「いつまでできるかわかりません」とおっしゃっていましたが、まだまだ当分イケそうです。もうダイモスとガイキングとギンガイザー、そして念願のゲッターですから大大満足です! 欲を言えばグレンダイザーは?ということですが、たぶん「もう一回来い」ということでしょう。



それ以外はもうオマケでいいと思っていましたが、まさかCROSS FIGHT!が聞けると思っていませんでした。これは昨年やってないので、「ふたりのアニソン」とかに行かないともう聞けないのかなと思っていました。いやーよかった。アニキとミッチはホントヤバい。



それと樋浦一帆さん。これ誰?と思っていたのですが、ゴッドマーズの人なのね。ゴッドマーズはOPもEDも名曲ですから、これも超アガります! 会場中で「六神合体!!」と叫びまくればもう最高潮! ステージ上ではだいぶお疲れのご様子で長い休憩を取られていましたが、それならあんなに踊らなければいいのに・・・。まぁ会場の熱気で踊りたくなるんでしょう。これはこれでステージの醍醐味ですな。



影山ヒロノブさんと遠藤正明さんは2人ともカッコイイし歌も上手ですが、世代が違うというか知っている歌が少ないのよ。ただライブ自体はその辺のロックスターも真っ青な圧巻の歌唱でした。影山さんと言えばLAZYのMichellですから、まぁ当然なんですけど。

最後にMIQ姉、Day1のリアルロボットだと突出した歌唱力ですが、Day2はバケモノだらけなので・・・やはりMIQ姉はリアルロボットが似合うなぁ。ダンバインっすよ。

去年と今年各々聞いてみて、自分的にノレるのはリアルロボットのDay1かなぁ。たぶんDay2はリメークのOVAやスパロボ大戦とかのゲームに親しんでいないとピッタリハマらない感じ? でもやっぱり大王・アニキ・ミッチはスゴイのよ。たぶんスパロボ縛りじゃなければDay2の方がワタシはノレます。

6jmpge8457 (13)

結局何だかんだでまたも3時間半。いやーやっぱり疲れるのよ、これ。たぶん今年もDay1に行ってたら箱根行けなかったな。


途中どこかで食べて帰ろうと思ったけれど、なんだか疲れて早く帰りたかったので、家まで戻って晩飯。

6jmpge8457 (14)

ここでやめておけば太らないのですが、朝もサンドウィッチ1個、昼もざるそばだったので、カロリーが足りない!

6jmpge8457 (15)

やっちまいました、冷凍ちゃんぽん。これをつまみに飲んでたら、風呂にも入らず気を失うように寝てました。

テーマ:アニソン・キャラソン
ジャンル:音楽
オジサンのための「初めての水樹奈々ライブ講座」
2018年01月23日 (火) | 編集 |
今回の雪はめちゃくちゃでしたね! 久々にやられたって感じです。

uhurgrrg8794.jpg

これ、東京の景色じゃないですな・・・・


さて、そんな今回のUPは、雪と全然関係ないお話。先週ワタシ、こちらに出没しておりました。

uhrigeiug.jpg

NANA MIZUKI LIVE GATE 2018です。ようやく奈々様のライブに参加することが出来まして、感激至極でございます。

ライブのレビューはいろんなプロな方がお書きになると思いますので、ワタシの出る幕はございませんが、ライブに行って初めて分かったことがあります。それは

「ワタシと似たような年代はほとんど会場にいなそうだ」

ということです。ワタシが参加したのは5日目の平日。同年代のサラリーマンであれば会社も休めなかったりするでしょうし、定時後に18:00まで武道館にたどり着ける人も少ないと思いますが。。。。

ちなみに何でそれがわかったかというと、アンコールで世代別コールの場面があって

20代:おおーっ!!
30代:おーっ!
40代:おー!
ベテラン:ぉー

くらいの感じなわけです。ベテランに至ってはたぶん数%かも。たとえTESTAMENTが好きでも、40代以上で「好きなアニメはシンフォギアです」とかいうのも、なかなか無いわけで・・・。

(ちなみにシンフォギアってこんなやつです)


しかし、アニメを見ているかどうかは別にして、奈々様は純粋にアーティストとして素晴らしいので、是非Over40’sの皆さんもライブに行こうじゃあーりませんか!

とは言え、ワタシもそうでしたがやっぱり若いファンの中に入っていくのはちょっと敷居が高いし、ハードな曲が多いので最後までついていけるかも気になります。ということで、事前にどんな感じなのかを知っていただくために、少し情報共有をしたいと思います。

※ここからは「ほとんどアニソンのライブにも行ったことが無いオジサンが、初めて奈々様のライブを見に行く」という前提で書いてます。こういうプロの方々には何の参考にもなりませんのであしからず。
uhriufh3reg.jpg
食べ物の話もバイクの話も出てこないので、興味のある方だけ続きをお読みください。
[続きを読む...]
テーマ:女性アーティスト
ジャンル:音楽
魂ネイションズからの…井上陽水コンサートに行ってきました
2018年01月13日 (土) | 編集 |
ちょっと前(12/3)のお話。この日のお昼は嫁さんお手製のきしめん。

8h998tt3t (1)

シンプルイズベストですな。この日の午後は忙しいので、さくっと頂いていそいそと出かけます。

8h998tt3t (2)

ずいぶん久々の秋葉原です。今日は魂ネイションズ見物にやってきました。

8h998tt3t (3)

今回はエリアが2つに分かれていて、スマホで事前エントリーしないと見に行けないこっち側(秋葉原UDX)に先にお邪魔しました。
(実はこれが失敗だったのですが)。

事前エントリーが必要とは知らなかったのですが、その場でスマホからちょちょいのちょいでエントリー終了。

ほぼ待ち時間なしで入場できました。

8h998tt3t (5)

派手な電飾。そしてお出迎えはこのお方。

8h998tt3t (4)

おそらく等身大のブラックRX。大好きです! しかし館内で撮影できるのはここだけ。仮面ライダーと聖闘士星矢のブースがめっちゃ混んでいました。

細かい内容はこちらでどーぞ!

その後はベルサール秋葉原に移動。

8h998tt3t (6)

こっちは撮影可能なゾーンなのですが、もう人大杉でちょっと撮影も厳しいです。

8h998tt3t (7)

ショーケースの反射も強くてあまり撮影もできませんでしたが、いくつかご紹介。

8h998tt3t (8)

いいねぇ・・・ガッツ星人。

8h998tt3t (9)

頭の中に「ダダーン! 松本OUT!」が鳴り響きます。

8h998tt3t (10)

このグレンダイザー宇宙の王者セット、昔近所の友達が持ってて、とっても羨ましかった。欲しいけど置く場所が無いのよね。

8h998tt3t (11)

プリキュアはやっぱりこれよ。なぎさとほのか。娘とのいい思い出です。おもちゃを予約しに近所のおもちゃ屋に行ったっけ。

8h998tt3t (12)

そして最も好きなスーパーロボット、ライディーン。超合金持ってたけど娘に壊されて涙目。。。

8h998tt3t (13)

棚橋さんとカブト。個人的にはWの「お前の罪を数えろ!」の方が好き。

09u34yfb (1)

この白でも黒でもないマジンガーZは・・・・

09u34yfb (2)

グレーな男、宮迫です! 浮気はクロだと思うのですが。


この辺りで、実はUDXに行っている間に林原めぐみさんも参加するステージイベントがあったことが判明! うーむ。観たかったなぁ。しかも16:00から鈴木みのりさんのマクロスイベント! これはチラ見だけでもしないといけません。

8h998tt3t (14)

とりあえず電気屋さんで時間をつぶし・・・

8h998tt3t (15)

そろそろ有楽町に移動しないといけないので、15分一本勝負でステージを観覧。鈴木みのりさんと瀬戸麻沙美さんを生で見られて満足した後は、すしざんまい風のフレイアの図を思い出しながら東京駅に移動。

夕方から東京国際フォーラムの「井上陽水 コンサート2017秋 "Good Luck!"」を見に行きます。


途中、KITTEの白いクリスマスツリーがキレイでした。

8h998tt3t (16)

東京国際フォーラムは初めてでしたが、広いというかデカいというか・・・

8ghiguergv.jpg

今回も比較的早く当選したのに2Fの結構上の方の席。

8h998tt3t (18)

かなり高い。正直言ってちょっとこの位置はコワい。怖いけど見られるだけ良いと思わないと。

見に来る年齢層もだいぶ高いですね。ワタシも同じなので人のことは言えませんが。両隣はどーみてもワタシより年齢が上のオバサン。陽水も70くらいなるのかな? 今のうちに一回は見ておかないと。。。と思いまして。できればアンコールで玉置さんでも来てくれたらうれしいのですが、まだツアー中なのでそれはムリでしょう。

17:00開演と比較的スタートも早め。東京国際フォーラムは音響も良くて楽しめますね。

今回のセットリストはこんな感じ。

8h998tt3t (19)

知っている曲が多かったし、歌声も年齢なんか感じさせないハリと艶で、さすが陽水!って感じです。

年齢が高いことを考慮されたのか、1時間くらいで休憩もありますから、安心して聴くことができます。フォークシンガーらしくトークも面白く、まぁ陽水の場合、訳のわからない話が不思議な世界を醸し出します。

最初から最後までしっとりというわけでもなく、まさに変幻自在。クルージングから急カーブにUターン!?って感じ。

後半の方やアンコールになると結構ノリのいいナンバーも続くのですが、どうも年齢層的に立ち上がって楽しむ人は1Fの前列でも半分くらいで、そこがちょっと残念ではあります。

アジアの純真や夢の中へあたりは皆で盛り上がりたいよね? 演者側ももうちょっとノッてくれれば・・・と思ったのではないでしょうか? 2Fは絶壁スタンドなので立ちにくいですが、1Fは皆さん体を揺らすくらいあってもいいなぁ。立て立てと煽られるのも好きじゃないんですけど。

通しで2時間くらいだったと思います。欲を言えば「飾りじゃないのよ涙は」が聞きたかったけど、個人的にはこのセットリストなら十分満足。

とにかく井上陽水さんは今でもクールでカッコよかった!

テーマ:音楽のある生活
ジャンル:音楽