FC2ブログ

「とりあえず食ったもんUp~!!」

美味いマズいは十人十色? ワタシの感想こんな感じ!
TOP ≫ CATEGORY ≫ バイクライフ
CATEGORY ≫ バイクライフ
       次ページ ≫

反省しつつFZくんのグリスアップ

今回の記事はメンテナンスネタとしては初歩中の初歩ですので、日頃メンテをしない人にも参考になるかもしれません。

一方日頃やっている人からしたら、ワタシの日頃の行いの悪さに呆れるかもしれませんが。。。。


2/4の麺活の後は、何もやることもなかったので、ちょっとだけバイクのメンテをすることにしました。

と言ってもやるのは「給油」。ガソリン入れるんじゃなくて、可動部をグリスアップすることです。


前回FZくんをバイク屋さんに引き取りに行った際に

「可動部の動作状況(給油状態)がよくありません」

とのご指摘を頂いたので、どこのことをおっしゃているのかをお聞きしたところ。

「例えばシフトリンク、サイドスタンド、ブレーキレバー。実車で説明します」

と言って頂いたので、シフトリンクを例にご説明頂きました。

ig8g33g3 (18)
(今にして思えばサイドスタンドなんて赤く粉拭いとる(^^ゞ)

要約すると、

①シフトペダルの軸に給油がなされていないので、軸が減ってガタついている
②エンジン側のシフトアームのボルトの締め付けが弱いためそこもガタついている。
③②の影響でシフトシャフトとアームの山の噛み合わせが緩くなってしまい、ボルトを締めてもガタつく。
④シフトシャフトもシフトアームも純正部品はもう出ないから、純正部品交換ではもう直せない。

ということらしい。

結果的にペダルで1回、アームでさらにもう1回ガタつくので、これではクラッチ云々いう以前に、ギアの入りが良いはずがないということ。

これはかなり恥ずかしかった・・・・(^^ゞ


ワタシ、チェーンは汚れるとカッコ悪いのでそれなりに掃除して給油するんですが、それ以外の場所ってまず給油してなかったなぁ。なぜかっていうと、給油すると油で汚れてくる感じがするし、金属部に関しては動作していれば乾いてる方が掃除も楽だしキレイじゃん・・・くらいの感じで。

もちろんブレーキキャリパーをメンテしたらピストンにメタルラバー使ったり、クラッチレリーズの掃除をしたら、ピストンにグリス塗ったりはするわけ。それはそれが必要だと思っているし、Oリングやシールを保護したいと思っていたから。

でもサイドスタンドなんて金属だけだし別にいいじゃん! くらいに思ってたんですが、

「動かして音がするということは摩耗、つまり少しずつ減っていきます。減ったものは元には戻りません。」

と言われてみれば確かにそうなんですわ。Oリングやシール等のゴム製品は交換すればそれで終わりだけど、減った金属部をもとに戻せと言われても、それはリームーなわけで。

新車で乗って3年で乗り換えていくような人なら誤差範囲の話でも、10年、20年となればちりも積もれば何とやら。FZくんは35年ですから(^^ゞ


とまぁ、非常に恥ずかしい思いをしてバイク屋さんから帰ってきたわけですが、それを反省して、今日はシフトリンクのグリスアップをしにきました。

まずその前にサイドスタンド。ここも「キコキコ」いってたのよね。

878yrebrwe (1)

エンジンオイルみたいのだとダラダラになりますし、CRCとかだと逆効果なので、粘性のあるスプレーを入れて、何度が動かしつつグリスアップ。

そして問題のシフトぺダルとリンク。

878yrebrwe (2)

スナップリングプライヤーで手前のスナップリングを外したところ。既にワッシャーが赤い。レバーを抜くと、

878yrebrwe (3)

この状態で軸にはほぼ油分無し。奥側がちょっと濡れてるのは、先日城南島に行く際にちょっとだけスプレーを入れたから。それもなければカラッカラでした。

878yrebrwe (4)

リンクに給油していきます。外側からはグリスも塗ります。ホントはダストカバーを外したいんだけど、既に硬化して割れてるので、外すとたぶん崩壊します。ここは交換したいな。まだ買えるから。

878yrebrwe (5)

ちょっとグリスが残り少なかったけど、ここにはある程度ガッツリと入れます。塗る前にはパーツクリーナーで洗浄済。

手元で動かしてみて、「キコキコ」いわないことを確認してから、元に戻します。戻すときはアームのボルトもキッチリ締めます。

この締め付けトルクの話も、ワタシはもともと「必要十分であればユルイのが好き派」なのが、今回ご指摘いただいた原因になってます。ここのボルトは本来六角穴ではない普通の六角ボルトで、脱落したからこれにしたんですが、この場所でこれは十分にトルクがかけられないので、やはりNGです。六角ボルトに後で替えましょう。


完成の図は撮り忘れましたが、その後はついでにブレーキレバーも。

ここも本来はピンを外してグリスを入れるんですが・・・

RIMG0017.jpg
(ブレーキレバーを交換した時は流石にやってます)

878yrebrwe (6)

グリスが無くなったのでとりあえずスプレー。

リアブレーキ周りもやっときます。

878yrebrwe (7)

こういうところも面倒くさがらずにやればよかったんでしょうが、ここは垂れるとマフラーに付くので、ふき取りが面倒なんですわ。結局そこをめんどくさがる自分が悪いのね。

一通りやった後は、ちょっと動かしてみますが、やはりグリスが入ると操作感が変わります。サイドスタンドもシフトリンクも「キコキコ」いわない。


ついでにもう一つご指摘いただいた「電気部品の取り付けの見直し」の部分ですが、まずこれ。

878yrebrwe (9)

ETCとリレーの配線がバッテリー直。リレーはワタシがやってますが、ETCは某部品量販店の作業。でも流石にごちゃごちゃしてますねぇ。これもそのうち整理しないといけないし、プラス側のカバーも替えたいんですが、カバーは生産中止。さてどーしたもんか。

そしてここ。

878yrebrwe (8)

光量対策でリレーを入れてるので、どうしてもごちゃごちゃしてしまいます。ここもできればLEDライトにしてリレーを外した方がスッキリしますが、LEDは放熱が気になります。これもここからどーしたもんか。


とりあえず今日はここまでで、後はコーナンまでグリスを買いに行きましょう。でもその前にこの話も。

878yrebrwe (10)

クラッチレバーのダイヤルを「1」にしてあります。ここも

「詳しく径までは見ていませんが、クラッチマスターが合っていないようです。お使いいただいているダイヤル3では切れきれていません。1で最後まで握ってようやく完全に切れます。切れるポイントがズレているので、クラッチマスターの選択は見直した方がいいかもしれません。」

というご指摘。これ、ワタシも薄々切れきれてないと思っていたのですが、実はこれ、純正ボロマスターの時から切れきれず、あれよりはイイ感じだと思っていたんです。

FZ750のクラッチマスターは純正で5/8インチ。ラジポンのφ19は横型5/8インチと互換するので、選択は問題ないはずなんですが。

pioeg6453ww (8)
(交換した時の画像)

FZ750のクラッチマスターは純正品もまだ買えるんですが、結構いい値段するんですよ。なのでどうせならブレーキと同じラジポンにしたんですが、ブレーキ含めてそれが今となっては良かったのか? 純正品の方がエア抜きは簡単だしねぇ。

とりあえず先日の城南島ではすでに1にしてあったんですが、確かに前よりは楽にシフトチェンジできるんです。手は大きく広げないといけないけど。


てな感じで、とりあえずコーナンまで試走してきました。

878yrebrwe (11)

そんでもって肝心のシフトペダルの感じなんですが、これが思いのほかイイのよ。とても。

正直レバーなんかでそんなにタッチが変わるんか? と思ったんですが、これがねー、変わるの。

もービックリですわ。

その後はナップスさんにもちょっと寄ってみました。

878yrebrwe (12)

思えば年末にここに来て、帰るときにキャブが不調になったんですが、今回はもうそんなことは無く、調子がいいままに帰宅できました。

ちなみにウォーターポンプのOH実施時に、クラッチホースが緩んだようで、あたらめて組みなおしてもらっています。その際にフルードもまた換えているので、それもシフトチェンジが改善されている原因かもしれません。

スポンサーサイト



帰ってきたFZくん(2)

さて、FZくんの不調シリーズの続きです。

まず、最初にやらないといけないのはお店探し。ワタシの場合、このバイクを買った時はまだ山形にいて、買ったのも宮城のお店。買った店に出すという選択肢は無いわけです。
(それにしても買って4か月で東京に転勤っていうオチは想像してませんでした(^^ゞ)

984y3fh343.jpg
(納車直後のFZくんと月山。地元で乗ったのはなんとこの1回だけ)

しかも東京に来てからもいわゆるバイク屋さんにこのバイクの修理を出したのは2回。1回目は東京に来てすぐにチェーンスライダーが崩壊した時。この時はわけもわからず近所のバイク屋さんに頼み込んだのですが、ここは250ccくらいまでが本来はメインのバイク屋さんで、今回のケースではお願いしにくい。

もう一回はわりと近所のカスタムショップ系のお店に車検&フロントフォークとステムのOHをお願いした時。このお店もOH自体は問題なかったんですが、もともとヤマハ系はあまり取り扱ってないこともあり、今回はパス。

iuh53rdqwd (181)

あとはいつもお世話になっている、2りんかんさんとかナップスさんとかの部品量販店系のお店。こちらもキャブだけなら受けてくれるかもしれませんが、35年物でパーツも欠品が結構あるバイク。ちょっと手に余ると思われます。

そうなると、全く新たなお店を探すことになります。ただ、東京ってバイク屋さんがいっぱいあるので、今時はググればこういう古いバイクも扱ってくれそうなお店が見つかりました。

問題は自走できないので、「実車を見たこともない旧車の修理を受けてくれるかどうか?」ですが、今回は相談したお店に快く引き受けて頂けたので、本当に助かりました。最近はメールでの問い合わせはお断り!なんてお店もあるので、ちょっと怖いんですよね。
huhireb.jpg
(ネットで見た某バイク屋さんのWebサイト。これ見た時はちょっと焦った)

断られたら次の店を探さないといけなかったので、めでたしめでたし。今回お願いしたバイク屋さんはメールでの応対も非常に秀逸で、修理の進め方で問い合わせをしても、すぐご提案を返信頂けました。


ちなみにバイクの移動は任意保険のレッカー移動を使いました。100Kmまで無料なので距離は問題無いですが、自宅からでも移動できるって今回初めて知りました。引き取り時間の指定もできるので、バイク屋さんの都合に合わせて時間は調整できました。なお同乗は新コロの影響もあってか不可らしいです。山の中だったらどーするんだろう?

yhfg43ti33 (18)

そんでもって、バイク屋さんで実車を確認いただいたわけですが、キャブのOHは想定内として、それ以外に2つ要修理ポイントが発覚。

一つはコレ。

ioj757feo2t (6)

2019年の4月の画像です。「思いついたら滝桜! ツーリング」で漏れたクーラント。あの後全く漏れなかったんで様子見にしてたんですが、2年ぶりにバイク屋さんの店内でまさかの再現!

ずーっと漏れなかったのになんでこのタイミングでまた漏れたのか? ちょっと不思議な縁を感じますが、漏れた状態ではエンジンをかけて調整が出来ないとのことでしたので、これは修理となりました。

続いてはこちら!

ioj757feo2t (20)

前から気にはなっていたのですが、ウォーターポンプからのオイル漏れ。やはりこのバイクのウィークポイントはよくご存じのようで、どっちみちクーラントを抜いてサーモスタット周りを修理するなら、このタイミングで一緒に直しましょうということになりました。

以上、今回はこれらのキャブOH、クーラント漏れ、ウォーターポンプOHの3点を主に修理頂きました。

(修理工程中の画像も頂いたのですが、お店側の著作権等を考慮してここでは非公開とさせて頂きます)


合わせて現状の整備状況のアドバイスも頂いたのですが、素人整備のイケてない部分を多数ご指摘頂きました(^^ゞ もうお恥ずかしいことこの上ないです。

またFZくんを買った当初からずーっとアカンかったギアの入りですが、やはりクラッチは・・・

sindeiru.jpg

要修理とのこと。更に排ガス検査の結果と始動時の状態からみて、オイル下がりも出ているようです。

それ以外にもクラッチ&ブレーキマスターの状態とか、シリンダーヘッドのガスケットの劣化とか、シフトリンクの整備不良からの不具合とか、自分でやった電装周りの酷さとか・・・まぁ、出るわ出るわ。

よくこのブログで「ユーザー車検はリスクも自分持ち」って言ってますが、その言葉、あらためて自分に言ってやりたいです。

バイク屋さんも「よくこの状態で乗ってたなぁ」とおっしゃってましたが、素直に反省したいと思います。

ということで、今回のバイク屋さんには本当にいろいろご面倒をおかけしたのですが、とりあえず自宅に帰ってまいりました。

7y4t3hw25rf (16)

近々の課題としてはクラッチ周りなんでしょうが、問題はオイル下がり。バイク屋さんからも「少しでも早く手当てする方が、傷は浅いです」とおっしゃっていただきましたが、腰上OHとなると結構な費用がかかりますので、このコロナ禍ではややハードルが高い。

それにFZの場合、弱点として有名なのがスタータークラッチ。これはエンジン全バラしないと修理できないので、腰上OHした後で壊れると、また上から下まで開けないと直せないらしい。たまらんのぉ。。。

このバイクを買った時は、まだ山形で家も戸建て。作業スペースも十分あって、「複数台持ちしながら、壊れたらゆっくり直せばいいや」と思っていたものの、今や駐輪場すらないマンション暮らし。正直どこまで維持できるやら。。。。

今回キャブと水回りは完ぺきになりましたが、どこかが良くなると、そのおかげで別の悪いところがよくわかるようになって、そこを修理するとまた次が・・・ってのは、機械モノではよくある話。いろいろ考えるとこれからが不安じゃのう。

ま、少し冷静になってから、また考えましょう。


ということで、いろんな課題は得意の「棚上げ」にして、1/30はちょいと試走に出かけました。

rghee87reg (1)

いつものように真冬の定番で城南島でございます。

rghee87reg (2)

当然ながらチョークも効いて一発始動! キャブも絶好調ですわ。天気もいいし、最高な気分です。

rghee87reg (3)

緊急事態宣言下ということで、行くところの無いファミリーたちが出張ってきています。

rghee87reg (5)

ワタシもホントは熱海にさくら見物とか行きたいところですが、仕方ありませんね。

rghee87reg (6)

ワンタッチテント(というかサンシェード?)でくつろぐのも良いですなぁ。

rghee87reg (7)

ここからはいつものゲートブリッジ。年始もクルマで来てますので、久々感は全くなし。

rghee87reg (8)

若洲の駐車場は相変わらずの閉鎖。そして気になる隣のバイク。

rghee87reg (9)

初期型GSX-R400! これはシブい!

この後はつばさ公園に移動。

rghee87reg (10)

もしかしたら今生の別れになるか? とも思いましたが、また乗れてウレピヨです。

rghee87reg (11)

クラッチは死んでるとのことですが、ツーリング走りであればそれなりに走ります。まぁ自分が慣れちゃってるだけでしょうけど。でも放っておくとそのうち路上で加速中にズルズル・・・なんてことになったらシャレにならないですなぁ。

ちなみにこの日は若洲も城南島もつばさ公園も、緑色の制服のオジサンたちが懸命に駐車違反のステッカーを貼ってました。

クルマはヤバいですなぁ。。。

rghee87reg (12)

帰りはこれまた羽田経由で環七⇒東八で帰宅。

rghee87reg (13)

気温も上がらないので、明るいうちに帰ってまいりました。

禁酒中なんですが、今日はチートデイということで・・・

rghee87reg (14)

ごっつあんでした。

帰ってきたFZくん(1)

何とかとりあえず帰ってきたFZくん。何かアカンかったのかは直ってきてから書こうと思っていたので、そろそろこの辺で書いてみようかと思います。

「いつも自分でメンテやってます」的なブログを書いているわりに、かなりヘタレな内容となっておりますが、ワタシのレベルなんぞ、実際まぁこんなもんだということですな。その辺を自虐しつつ、記録として残しておこうと思います。


不具合の発端ですが、思い返せば昨年末に高幡不動尊に行った帰り、三鷹のナップスさんに寄って帰ろうと走り出したら、急に派手にエンジンがグズりだしました。

そこで、帰休の日にでも駐輪場に行って状態を確認しようと思い、まずはプラグでも見てみました。

8ewuf43t243 (15)

プラグも超汚ねぇ。あれだけグズればそうなるわな。

8ewuf43t243 (16)

とりあえず掃除して、エンジンかけてみますが、やっぱりグズグズです。でいつもは暫く走ったら元に戻るので、とりあえず走ってみるかと動かしてみたらこれがアカン! 走り出してすぐ

「何かガソリンくさい・・・」

すぐバイクを路肩に停めてみると

8ewuf43t243 (17)

オーバーフローじゃ! マフラーにガソリンがかかって湯気出てるし、こりゃヤバい。早く駐輪場に撤収した方が良いけど、道路もUターン禁止だし、おまけに途中で白バイに呼び止められて

「尾灯がついてないので修理してください」

とか言われるし(^^ゞ

なんで尾灯が切れたのかはわかりませんが、息も絶え絶えに駐輪場に戻ってきました。

とりあえずキャブのドレンネジを開けてみましょう。普通はフロートチャンバーにたまったガソリンが出てくるんですが、ダウンドラフトタイプのせいか、全然出てこないですね。4番から順にやってみると、2番だけおもらしするので、とりあえずチューブに繋いで排出。

8ewuf43t243 (19)

思えばダウンドラフトのキャブ車はこれが初めてだから、ガソリンが抜けてるのがダメなのか、抜けないのがダメなのか? それすらわからん。

以前セローでもオーバーフローは経験があるのですが、フロートチャンバーをたたいてみたり、チャンバーのガソリンを抜いたりすると改善したこともあったので、ここから再始動を試みますが、すでにガソリンがシリンダー側にも回ってるようでセルも回りません。

でもその時はセルが回らない理由に気づかなくて、バッテリーかな? と思って灯火や燃料ポンプの動作を再確認。当然電気は足りているので、もうわけわからん状態。

こりゃ困ったなぁ・・・と思っていたら、セルが回って再始動。でもやっぱりエンジンはグズグズ。キャブは・・・

8ewuf43t243 (21)

おもらし状態変わらず。これはニードルバルブかフロート自体が死んどる。しかもこの状態ではお店まで自走して修理ってわけにもいかない。ガソリンがマフラーにかかって湯気出てるバイクに乗るのはヤバいもんねぇ。

一回冷静になろうと思って、エンジンを切って燃料コックを閉じて、バッテリーの配線外してこの日は終了。自宅に帰りました。


ハッキリ言ってワタシ、キャブはさっぱりわかりません。昔50cc単気筒のキャブをわけもわからず直そうとしてエライ目にあったし。

ニードルバルブだけが死んどるだけなら、キャブ外して下から開けて交換してとりあえず蓋をするっていうやっつけ仕事もありですが、値段調べたらこのニードルバルブがASSY交換で1個7,711円…。4個で3万円かよ! 簡単には失敗できん金額。

そしてここで思い出すのが車検前整備の時の状況。

チョークレバーが引けるのにチョークが効かなかったということは、スターターが死んでると思われること。スターターを交換するには結局OHってことになるので、自分でやるなんてこりゃどー考えても

8ewuf43t243 (23)

っていうか、ヾノ・∀・`)ムリムリ。

ワタシにはできません。できないことは手を出さないのがセルフメンテの鉄則。

FZ750のキャブのOHと言えば、いつも参考にしているダルマさんのブログにも記事がありますが、結構な金額になります。部品がそもそも高いのよ。まぁ部品が出るだけまだいいんですけど。

こりゃ詰んだなぁ。

ash.jpg

ちなみに尾灯は確認したら配線の問題とかじゃなく純粋に玉が2つとも同時に切れていたので、次に切れたら変えようと用意していたLEDランプに交換。

8ewuf43t243 (22)
(そもそもなぜこのタイミングで切れたのか? は謎)

なんか物悲しいね、動けなくなってからLEDに変えてもなぁ┐(´д`)┌ヤレヤレ

とりあえず長期戦になりそうなので、バッテリーは家に持って帰って充電しました。

(つづく)

これって「密」じゃない? ツーリング

今日は10月最初の土日。東京もGOTOスタートで、ツープラも解禁!
皆さん外出しまクリスティーじゃないでしょうか?


さて、今日のUPは9/21。シルバーウイーク期間中はおとなしく家でまったりするはずだったのですが、

「そう言えばFZを最近動かしていないな。。。」

旧車はキャブが命。キャブの健康のためには、まず「定期的に走ること」が大切です。

長らく東京での主治医のいないワタシのFZ750。日頃の健康維持は重要です。

ということで、この日はちょっと出かけることにしましょう。

いつものように早起きはリームーで、8時過ぎから準備し始めます。

093u35h544yh (1)

結局出発は9時ちょい前。今回は久々に西伊豆でも行ってみましょう。

それにしてもY!カーナビの案内は「下道で愛川ICへ行け」とふざけた内容。無視していつものように東名川崎に向かいましたが、ここでビックリ!

093u35h544yh (3)

渋滞しとるやないかっ!

思えばコロナ禍以降、まともな渋滞は暫くお目にかかっていなかったので、すっかり「連休は渋滞する」ってことを忘れていました。ナビが変な案内した時点でピンと来るべきでしたねぇ。

10月から東京もGO TO対象になるので、皆さん待ちきれずにフライングで遊びに出ている模様。

トーゼン道路もこうなります。

093u35h544yh (4)

結局厚木を過ぎてもまだ渋滞! すり抜けまクリスティーで先を急ぎますが、時間的には大きな誤算です。

093u35h544yh (5)

でも自衛隊車両なんか見えたりして、ちょっと嬉しい。

ちなみに今日のいでたちですが、

093u35h544yh (2)

上:ラフパーカー+Tシャツ
下:クイックドライ カーゴパンツ

天気は曇りで気温も快適。涼しいけど寒くないって感じで、なかなかのバイク日和です。

それにしてもバイクじゃなかったら、いったいいつ伊豆に着けるんだろう? などと思いながら走らせていると、ここで新たな問題発生。

「あ、腹がヤバい・・・」

昨日食べた「しし唐」がえらく辛かったのですが、それがここに来て大腸を強く刺激しております。

脂汗をかきながら、何とか中井PAで緊急ピットイン。

093u35h544yh (6)

この交通量なのでトイレも混んでましたが、和式が空いていたので事なきを得ました。これ、オーバーオール型のクラキンパンツだったら漏らしていたかも(^^ゞ

093u35h544yh (7)

この後は新東名→伊豆縦貫道とつないで順調な走行でしたが、やはりお腹は変な感じ。しかも有料区間のトンネルの手前で降りるポイントを間違えて右往左往。。。

ここでまた時間をロスして、何とかK17に出られたのは12:00頃。ちょっと時間がかかりすぎですね。

093u35h544yh (8)

でも久々の海岸線。流してるだけでも楽しいです!

お昼はちょっと内浦漁協直営のいけすやさんを覗いてみましたが、もの凄い人で即撤収!

その後も通りの食堂を横目で見ながら走りますが、三津周辺のお店はどこも外に行列!

こ、これは「密」、「密」ですぞぉ~!!

この時点でもうお昼を普通に食べるのはあきらめて、三津のコンビニで弁当買ってどこかで食べることに。しかしそのコンビニ弁当もワタシが行った時には残り僅かでした。

ここからはK17からK127に出て戸田峠に向かいます。このK127は空いてて気持ちイイ。

093u35h544yh (9)

お昼は出会い岬か御浜岬の松林ででも食べようかな? などと考えながら、戸田港を目指します。

093u35h544yh (10)

ちょうどこの左上が戸田の御浜岬です。

まずは出会い岬へ。

093u35h544yh (11)

今日は富士山はリームー。そして暑い! 天気が良くなってきたので、ヤバい感じです。今日は帽子を忘れてきたので、こりゃ昼飯は松林一択だな。

ということで、御浜岬に即移動するのですが、ここでまたしても強烈な腹痛がっ!

093u35h544yh (12)

暑いのは困るけど、青空は気分が盛り上がります。しかしそれよりまずはトイレです。

093u35h544yh (13)

駐車場に設置の公衆トイレで何とか事なきを得て、さて松林のベンチでも探そうか? と思いましたが、適当なところが見当たらず。

093u35h544yh (14)

メンドクサイので切り株に座ってランチタイムです。

093u35h544yh (15)

セブン-イレブンの「伊豆稲取名物!肉チャーハン」。いわゆるあんかけチャーハンですな。普通に美味い。密な食堂に行くよりよっぱどこれの方がいいね!

10-11月は人出も戻ってくるみたいだから、椅子とバーナーとクッカーでも積んで、デイキャン気分で日帰りツーも密対策にはいいかもね。

093u35h544yh (16)

さようなら、御前浜。また来ます。

ここからはK17から土肥でR136に出て宇久須に進みます。

093u35h544yh (17)

ワタシ的に定番のコース。好きな道は何度来ても楽しい。

093u35h544yh (18)

GWでも空いてる西伊豆。道路は問題無いですね。ちなみに戸田の食堂はやはり外に待ってる人がいましたねぇ。

ちなみに最近こっちにあまり来ていなかったのには理由があります。ワタシが好きだった魚重食堂さんがやめちゃったんですわ。正確に言うと店は続いているのですが店主が変わりまして、メニューも一変してしまい、もうこっちに来たいと思わなくなったんだよねぇ。

RIMG0179_20140317223055720.jpg
(懐かしの魚重食堂の深海魚刺身定食。めちゃウマでした・・・)


魚重食堂は深海魚の刺身もうまかったけど、それ以上に塩辛とみそ汁が好きだったんだよなぁ。。。。


宇久須からは松崎まで進みたかったのですが、時間が押していたのでここでK410で仁科峠に出ます。

093u35h544yh (19)

定番の西伊豆スカイライン。ジャケットの下がTシャツだけだとちょっと寒いね。ちなみに気温は20℃。

093u35h544yh (20)

まだ晴天なので耐えられますが、曇りだったら中にちょっと着込みたい感じ。

ここからは西伊豆スカイラインで戸田峠まで折り返して、K18で修善寺へ出てK80で亀石ICへ。

そんでもって亀石スカイポートで休憩しますが、特に何も買わず伊豆スカを熱海峠まで走ります。

093u35h544yh (21)

雲が低いですねぇ。

093u35h544yh (22)

ここでもう16:00を回っています。こりゃ帰りがちょっと遅くなりそうです。

熱海峠からは十国峠からの箱根新道と進むのですが、この箱根新道がまた大渋滞!

ターンパイクの入口が混んでいた時点でヤベェなとは思っていたのですが、まさか全線すり抜けまクリスティーになるとは思いませんでした。

ようやく西湘に出られたのは、17:00過ぎてました。

093u35h544yh (23)

さらば、箱根。

093u35h544yh (24)

暮れゆく西湘バイパス。これはこれで風情があります。流石に疲れたので、西湘PAで休憩。

093u35h544yh (25)

ココアでも飲んでまったり。どうせ高速使っても渋滞なので、帰りは下道で行きます。娘に

「たぶん帰りは20:00を過ぎる」とラインして、ゆっくり休んでから帰路につきます。

093u35h544yh (26)

暗いのでブレますな。撮影もここまで。

帰りも西湘バイパス終点から渋滞。R134の反対車線は玉つき事故でやっぱり大渋滞。

こりゃ完全にコロナ以前の連休の修羅場。自粛も大変だけど、またこの状況かと思うと、これも困るねぇ。

でもこれだけ人が出てくれるなら、インバウンドをあてにしなくてもイケるんじゃないかなという気もします。ぜひ政府の皆さん、内需で何とかすることを考えてみてください。

この後はR129→野猿街道と進んで帰宅しましたが、バイクを掃除して家に帰ったのはやっぱり20:00過ぎました。

こんなに遅くなると思わなかったので、メガネを忘れてしまい、夜走りでは何度かヒヤッとする羽目に。

でも気温的にはちょうど夜走りに最適で、ある意味楽しかったけどね。

今回のルートはタイムライン的にこんな感じ。

regregrege3.jpg

距離的には370Kmでそれほどでもないのですが、渋滞ばっかりで疲れました。腹痛問題もあったしね。

速攻で風呂入って、飲んだくれるしかありません。

093u35h544yh (27)

にっくき「しし唐」をまた今日もやっつけてやります。明日はどこにもいかないので、いっぱい食べても大丈夫!

炎天下で自分の整備不良を見直す日

まず最初に、大変残念なニュースですが、渡哲也さんが肺炎で亡くなられました。今日は終戦記念日ですが、また昭和のスターが一人いなくなってしまったなぁ。

渡哲也さんと言えば西部警察、西部警察と言えば全国ロケ!

orijgrg4.jpg

上山競馬場でのロケ見物&エキストラ参加も予備校サボって行きました。裕次郎さんや大門軍団の皆さん、特装車両や刀も見られて、楽しかったなぁ。

ご冥福をお祈りいたします。


さて、話は変わって毎日毎日暑いですなぁ。この夏休みは引きこもりを決めたワタシとしては、買い物にちょっと出かけるくらいで、ほとんど家におりまして、相変わらずネット動画ばかり見ています。

何だかなーんもやる気にならなくて、これはこれで困ったもんです。やる事のない休みほど無駄なものはありません。

ということで今日もネット動画のご紹介から。



エクス・マキナ。アマプラで見ましたが、これも良かったですねぇ。ストーリー自体は先が読める展開ではあったのですが、アリシア・ヴィキャンデルとソノヤ・ミズノ、2人の女優の演技がとても良かった。そしてわかっていてもコワいラスト。A.Iって作ったらやっぱりこうなるねってところは、ターミネーターを思わせます。

それにしても、アマプラって映倫関係ないのかな? ボカシが無かったような…(^^ゞ


そんでもって本題の今日のUPは8/2。今日もいい天気です。でも昨日出かけちゃったので今日は昨日のツーリングで見つかったFZ750の不具合を何とかしましょう。やっぱり夏休みに持ち越すと気分も良くないし。

10時頃から荷物を担いで駐輪場に移動。それにしても暑い! 今日ツーリングしてる人は大変ですねぇ。

まずは昨日発見したコレ。

pof57e449t (1)

シフトレバーのネジが抜けている件。純正パーツを手配してもいいんですが…

pof57e449t (2)

まずは手持ちのネジで何とかならないかを確認。

pof57e449t (3)

全然OKですね。とりあえずこれで様子見しましょう。次はUSB電源が給電できない件。テスターを持ってきたので、まずはバッテリーの電圧を確認。

pof57e449t (4)

エンジン始動前でこれなら問題無いっすね。それでは問題の特定へ。まずはマイナス側の接点。

pof57e449t (5)

今回不具合のUSB電源のマイナスはフレームのラジエターカバーの取り付け部から取ってます。ここがアウトなら簡単なんですが、ここは問題無し。となると後は分岐配線のキボシかヒューズですね。ここから先はまたカウルをばらします。

pof57e449t (6)

開けたら即発見。抜けてました。だっせぇ。一昨日カウルを外した時に抜けちゃったんですね。ちゃんと中まで押し込んでなかったのか? 反省することしきり。

pof57e449t (7)

プラス側はポジションランプの配線から分岐しているのですが、ここはヘッドライトのリレー配線もあって、混んでるんですわ。できればリレーを外してLEDライトにしつつ車検対応にするのがいいんですけど、いつになることやら…

ここの配線は車検時の光軸調整でテスター屋さんに調整頂く際に邪魔になるので、とりあえずどう引き回すか? あーでもない、こーでもないと暫く悩んで、引き回しを多少いじりました。

せっかく開けたので、ついでにこれまた前から気になっていたETC2.0のランプを再検討。何度両面テープで貼っても剥がれてくるので、どーしたもんかと。

pof57e449t (8)

まずはタイラップで巻いてみましたが、不格好なので却下。横に貼ると落ちてくるので、場所を変えて上に貼ってみます。

pof57e449t (9)

それはイケたかな? と思ったんですが…

pof57e449t (10)

カウルを取り付けている途中に落下。両面テープを使いまわしたせいもありますが、今日は新しいテープを持ってきていません。また落下するとカウルを外さない限り救出できない場所なので、これも無いな…と却下。

とりあえず新しいテープを調達するために、近所の100均にダッシュ!

pof57e449t (11)

何だかスゴい行列。何かというと「ウナギ屋さん」。豊駒さんの鰻に皆さん並んでいたということは、今日は土用の丑の日だったのかな?

そんでもって買ってきたグッズです。

pof57e449t (12)

今回はこのコードフックで取り付けてみようかと思います。

pof57e449t (13)

黒いフックがなかったので、見えるところだけ黒く塗ります。

pof57e449t (14)

これで暫く様子を見てみましょう。

それにしても暑い!

pof57e449t (15)

長くなると別のミスをしそうなので、今日はここまで。できればチェーン掃除もしたかったけど、それは次回に持ち越します。

プロフィール

kenboo(けんぶー)

Author:kenboo(けんぶー)
最近食べたモノの紹介や
FZ750でのツーリング、
ウチごはんのあれこれを
メインにUPしてます。

ブログランキング