FC2ブログ

「とりあえず食ったもんUp~!!」

美味いマズいは十人十色? ワタシの感想こんな感じ!
TOP ≫ CATEGORY ≫ バイクライフ
CATEGORY ≫ バイクライフ

FZ750のリアバッグに悩む part2

この日はマーヒーな週末でバイク用品店巡り。

fh684648wfgw (1)

どーしようかなぁ・・・リアバッグと思いながら、店内を物色。

fh684648wfgw (2)

定番のゴールドウィン。型崩れしにくくXベルトで超楽勝。やっぱり長く使うならこれ一択か?

一番希望は前にも書いた通りこれの35Lだったのですが・・・

fh684648wfgw (3)

現物が無いので何とも言えず。35Lじゃ背負うにはデカいかな?とも思うし。

fh684648wfgw (4)

JTCのCOURSEバッグ的なやつと言えばこれか。完全防水でイイのですが、レビューを見ると「ツルツルしていて安定しない」。うーむ、COURSEバッグではそれほど気にならなかったけどなぁ。

fh684648wfgw (5)

背負える防水としてはこういうのもあります。でもこれはシートに括り付けるには問題があるのでパス。意外と肩掛けのプラ部品って固くて、そのままシートに括り付けるとシートカウルが擦れて傷がついてしまいます。昔デイパックで失敗したことがあるので、これはリームー。背負って乗る分には問題無いっすけど。

fh684648wfgw (6)

こういう防水バッグだと、多少出し入れは楽かなぁ。でもそもそも雨の日には乗らない人なので、防水もあまり意味ないかぁ。バイクに取りつけもゴムバンドになります。

fh684648wfgw (7)

Xベルトにこだわらなければこういうのもあります。とはいえ30Lを超えるとベルトの引き回しが悪いとシートカウルに影響が出そうなので、やっぱりちょっとパッキングをバイクを見ながら検討しないといかんなぁ。


そう思って、数日後にFZを見ながらXベルト以外の引き回しを検討してみることに。

リアバッグってだんだん前にずり落ちてくるので、ホントは後ろから支えるようにベルトを引き回したい。でもFZ750の場合、ちょっと難があります。

fh684648wfgw (8)

だいたい後ろから引くとなるとナンバープレート周辺を利用したい。取説にもそんな風に書いてあるので、ちょっと適当なベルトでやってみます。

fh684648wfgw (11)

そうすると、間違いなく〇の部分が擦れて塗装が剥げます。最近のバイクはこのあたりにはカウルが無い場合が多いのですが、古いバイクはダメなのよね。そうなるとアフターパーツでこういうのを使うわけですが・・・

iugreherg6486.jpg

FZ750のリアフェンダーはちょっと変わっていてナンバープレートの裏にこれはつけられません。

fh684648wfgw (9)

ご丁寧に一体型のプレート受けがついており、しかも車体にくっつく部分が出っ張ている。

fh684648wfgw (10)

ということで裏からはムリ。表からつけられないことは無いが、プレート受けと干渉することは必至。

多くのFZ750オーナーはフェンダーレスにするのであまり関係ないのですが、ワタシはオリジナル優先派なので、ちょっとねぇ。


一方前側はシートレールのフックやタンデムステップを利用するのが一般的のようですが、これまたやってみると・・・

fh684648wfgw (12)

デカールをズリズリ擦ってしまいそうです。ちなみにフックがないわけではなくて、

fh684648wfgw (13)

昔バイクなのでちゃんとあります。

fh684648wfgw (14)

でもここを使うとやっぱりシートカウルの角に干渉するので、あまり使いたくはない。

で、結論はこれかなと。

fh684648wfgw (15)

カウルの中を通して、シートの端から出す。メンドクサイけどこれがたぶん一番傷付きにくい。

同じく後ろ側もこれ。

fh684648wfgw (16)

シートレールの穴を使って、シートの隙間から出す。

こんな感じ。

fh684648wfgw (17)

後は実際に着けてみないと何とも言えないけど、まぁ可能性は十分かと。

ただやっぱりめんどくせぇ。Xベルト恐るべし!


追)リアランプがまた切れていることが判明したので、ついでに交換。

fh684648wfgw (18)

それとこれ。

gyw4dvsq.jpg

やっぱり100均のテープじゃ着かねぇかぁ。でもとりあえず走行に支障ないので、もうちょっと涼しくなってから作業しましょう。カウル外すので車検後かなぁ。

スポンサーサイト

ビーナスラインで湿原巡りツーリング(2)

ビーナスラインツーリングの続きです。霧の駅で水分を補給して、やってきたのがこちら。

6yfpjkre4455 (1)

八島湿原です。ここはビーナスラインを通るたびに「次は余裕をもってここ回ろう」と思って素通りし続けたところで、今回ようやく散策することになりました。

とは言え前情報は何も持っていないので、まずはビジターセンターで情報確認。

6yfpjkre4455 (2)

一周で90分。だいたい5Kmくらいですかね。これなら余裕です。

6yfpjkre4455 (3)

お約束の著者近影。とりあえずメッシュパンツのウエストがはじけなくてよかったよ。

6yfpjkre4455 (4)

アタック開始。まずまずの天気ですかねぇ。

6yfpjkre4455 (5)

ツリガネニンジンですかね。可憐です。

6yfpjkre4455 (6)

この日は結構小学生の団体さんとかもいっぱいいて、時折にぎやかな感じでした。

6yfpjkre4455 (7)

蝶々はあざみが好きなんですかねぇ。

6yfpjkre4455 (8)

これはツクバトリカブトかな? 小学生の引率の先生が「触ると毒があるので触らないで!」と子供に説明してました。

6yfpjkre4455 (9)

場所によってはお花の名前の看板が立ってたりします。

6yfpjkre4455 (10)

でも可愛ければ名前はどーでもいいのよね。

6yfpjkre4455 (11)

今回は左回りでコースを取りました。理由は特にないのですが、ちょうど左から団体さんが来たので、右から左に回ろうかと。

6yfpjkre4455 (12)

こうやって見ると、いろんな花があるんですねぇ。

6yfpjkre4455 (13)

これは線香花火みたい。

6yfpjkre4455 (14)

こんな感じで木の上を歩いていきますが、時々反対側からくる人とすれ違うと、「こんにちは」と言葉を交わします。バイクのヤエーみたいなもんですな。

6yfpjkre4455 (15)

通路の途中何か所かこういう柵があります。学校の引率の先生の話では鹿対策らしいです。

6yfpjkre4455 (16)

そろそろお昼でお腹もすいてきたところで、こんな誘惑が。思わず食べちゃおうかと思いましたが、何と今日は定休日。

6yfpjkre4455 (17)

ゆるーく沢なんか見たりしてたのですが、急に「これ天気大丈夫か?」と心配になりました。早速雨雲レーダー確認。

6yfpjkre4455 (18)

二時間半後には雨かぁ・・・。これは先を急がないといけません。

6yfpjkre4455 (19)

でも見るべきものはしっかり見ていきます。

6yfpjkre4455 (20)

ビジターセンターはあの山の奥です。こうやって見ると遠いのですが、実際はそうでも無いんです。

6yfpjkre4455 (21)

これはエゾリンドウ。キレイなムラサキ。

6yfpjkre4455 (22)

誰もいないところを撮ってると本当に誰もいないような感じですが、実際は結構な人数が散策しています。ただバイクはワタシと他2組くらいしか駐車場にはおりませんでしたが。

6yfpjkre4455 (23)

もうそろそろで一周です。

6yfpjkre4455 (24)

ちょっと歩き始めてから計測開始したので、たぶん実際は一周4Kmくらいなんですね。

huigeg8463wewe.png

未計測部分を入れても70分くらいで回ったのかな? 途中雨を気にして早歩きした部分があるので、ちょっと早かったかも。

ビジターセンターに戻ってきたら、こんなものが。

6yfpjkre4455 (25)

AE90系カローラ。ウチの父の最後の愛車でした。ちょっと亡き父のことを思い出してウルウル(;_;)しました。

6yfpjkre4455 (26)

さて、雨が降るまであと二時間弱。ここからどーしましょう?
(続く)

能登半島ぐるっとツーリング~3日目①:白馬編

ようやく3日目のUPです。今日は帰るだけなのでゆっくりでいいのですが、朝はやっぱり6時前には起床。

yrgh6463g3 (1)

とりあえず朝風呂に入ってスッキリしたら、荷造りして朝ごはん。

yrgh6463g3 (2)

焼きちゃんぽんが美味しかった!

yrgh6463g3 (3)

りんごゼリーとコーヒーを頂いて、さて、いよいよ帰路につきます。

出発は7:15くらい。小杉ICから北陸道で、まずは糸魚川を目指すのですが、ICでまさかのETCエラー!

機器の故障・・・ではなくカードの入れ忘れ。今までは自〇運用だったのでカードが無いと音声で教えてくれたのですが、正規運用だとカード入ってない場合でも音声で教えてくれないのね。

こういう時は黙ってチケットを取って、出口で申告すればOK。以前ETCのエラーで係員のいるところまで言いに行ったら「ゲート内は危ないから来るな!」と怒られたので、素直に通過しましょう。

yrgh6463g3 (4)

北陸道をしばらく走ると遠くに山々が見えてきました。ここまで来ないと見えないということは、雨晴でも冬とかじゃないと立山連峰は見えないんじゃないかなぁ?

yrgh6463g3 (5)

越中境PA。ETCカードの用意とトイレ休憩。

yrgh6463g3 (6)

左手に海が見えてきたら、糸魚川ICももうすぐです。ゲートでチケットとETCカードを渡し、車載器が動作できなかったことを伝えると、係員が処理してくれます。

yrgh6463g3 (7)

ここからは一路白馬を目指します。途中フォッサマグナパークっていうのがツーリングマップルに載っているので、寄ろうと思ったのですが、フォッサマグナミュージアムっていう看板しか見当たらない。これなのかどうなのかわからないなぁ・・・と思っているうちに、いつの間にか通り過ぎてしまったようです。

yrgh6463g3 (8)

R148は快適な道かと思いきや・・・

yrgh6463g3 (9)

トンネルやこんなんばっかりで、あまり気持ちのいい道路ではなかったようです。できればトンネルの中はマスクがあった方がいいかも。工事個所も多いし土砂を積んだトラックが行き来するので、埃っぽいことこの上ない。

しかしそんなパッとしない道路が、ある瞬間に一気に景観が変わります!

yrgh6463g3 (10)

この迫力は現物を見ないと伝わらないと思いますが、圧倒的な山脈感!

yrgh6463g3 (11)

思わず立ち止まって撮影せずにはいられなくなります。今回はルートの下調べをほとんどしていなかっただけに、いきなり予想外の景色に出会えて本当にビックリしました。

しばらく感動した後、あらためて本日最初の目的地、白馬のジャンプ台に向かいます。

yrgh6463g3 (13)

到着したのは9:40くらいかな。平日だけにガーラガラ。リフトは460円です。リフト乗り場にトイレは無いと書いてあるので、駐車場をしばらく歩いてトイレに行きましたが、上のタワー内にはトイレがあるので、慌てることは無かったようです。

yrgh6463g3 (14)

リフト前の自販機で水分を購入。着地ポイントを眺めながら登っていきます。

yrgh6463g3 (15)

奥のタワーの上から眺めることができます。またタワーの中には展示室なんかもありまして・・・

yrgh6463g3 (16)

上村愛子さんのサインがお出迎えです。

yrgh6463g3 (17)

ちなみにジャンプ台は最後に結構な坂を自分で登らないといけません。なので、ご高齢の方はタワーだけで帰るかたもいらっしゃいます。

yrgh6463g3 (18)

ここから飛ぶって・・・ジャンパーってアホですな。

yrgh6463g3 (19)

振り返ると山々がキレイです。

yrgh6463g3 (20)

タワーの中では金メダルも見られたりします。堪能したら下に降りましょう。

yrgh6463g3 (21)

新東京国際空港!(©楽しんご)

yrgh6463g3 (22)

下から見上げるジャンプ台もまた壮観です。

yrgh6463g3 (23)

カメラ台と貸しスキー&ヘルメットが置いてあったので、タイマーで撮影を試みましたが、10秒でポーズが決まらない! 見かねた近くの方がシャッターを押してくれました。ありがとうございました!

十分堪能したところで、さてそろそろ白馬を後にいたしましょう。

yrgh6463g3 (24)

いやー、山並みもジャンプ台も大変満足しました。

yrgh6463g3 (25)

天気もいいし、暑いのだけが難点ですが、水分補給に注意して先に進みましょう。

でも名残惜しいので何度も路上で立ち止まる。

yrgh6463g3 (26)

また立ち止まる。

yrgh6463g3 (27)

最後にバイクから後ろ向きで撮影。

yrgh6463g3 (28)

ありがとう! 白馬。
(続く)

能登半島ぐるっとツーリング~2日目①:口能登編

能登半島ツーリングの2日目。今日が正真正銘のぐるっとツーリングです。

ゆっくり寝ようと思ったのですが、前日も早かったので5時過ぎには起床。

iu6fp84rfg3 (1)

ベッドでウダウダしてもしかたがないので、朝のお散歩に出かけます。行き先は高岡大仏。

iu6fp84rfg3 (2)

まだ6時前だというのに拝みに来ている人がいます。皆さん早起きのようで。

iu6fp84rfg3 (3)

やっぱり「一の実行」でしょうか。来てよかった。

ルートインの朝ごはんは6:30からとちょっと遅い。できればさっさと出かけたい気もしましたが、もったいないのでしっかり頂きます。

iu6fp84rfg3 (4)

朝から氷見のブリが出てくるとも思いませんでしたが、地元の名物的なものも特になし。ちなみにこの日の朝は団体さんがいっぱいいて、朝の食堂は激混み。食べるまで暫く並んで待ちました。

iu6fp84rfg3 (5)

コーヒーを飲みながらルートを考えます。

iu6fp84rfg3 (6)

とは言え、実はルートは決めてあります。昔購入した「バイク旅行」の能登特集にできるだけ忠実に今回は回ってみます。ただ、迷っていたのは「どっち周り」にするか? これも結局本の通りに「千里浜なぎさドライブウェイを起点に時計回り」に決めました。理由は

「朝晴れていることは間違いないので、夕方曇っていたら残念だから」

です。ではスタートします。

iu6fp84rfg3 (7)

カッパも防寒具も今日はいらないはずですが、いちおうリアバッグ付きで出かけます。でも後で考えるとこれは無しがよかったな。

iu6fp84rfg3 (8)

路面電車など撮影しつつ、まずは北上して最初の目的地の「雨晴海岸」を目指します。

iu6fp84rfg3 (9)

うーん、今日もいい天気なので、立山連峰が見えることを期待。

iu6fp84rfg3 (10)

新しい道の駅雨晴に到着。

98hrtgher.jpg

早速展望台に上ってみましたが・・・

iu6fp84rfg3 (11)

終了(ちぃーん!)

まぁこれは予想していたのでしょうがない。気持ちを切り替えて氷見からR414→K232とつないで、今回最大の目的地である「なぎさドライブウェイ」を目指します。

iu6fp84rfg3 (12)

R414は道も空いていて快適! そしてようやく念願の・・・

iu6fp84rfg3 (13)

やってきました「千里浜なぎさドライブウェイ」! 青空も完ぺきです!

まず、ここに来て最初にやったのがこれ。

iu6fp84rfg3 (14)

サイドスタンドの下に敷く板を探します。無くてもバイク自体は立つんですが、乗るときに体重をかけると沈んでしまいます。リアバッグがリアシート上にあると、乗るとき足が引っ掛かって邪魔なんで、スタンドがぐらつくと短足のワタシはたぶん倒してしまいます。だから、できれば自宅からサイドスタンドホルダーを持参することをお勧めします。おそらく海側にひっくり返すと、砂地+傾斜を考慮すると引き起こせなくなる可能性があります。

iu6fp84rfg3 (15)

波のそばまで寄っても大丈夫です(サビが怖いですけど)。

9jiiojrtbtph.jpg

オンロードバイクでここまで波打ち際に寄っても沈みません。

iu6fp84rfg3 (16)

これ、結構しっかりした砂なんです。

67tr5755477.jpg

もうちょっとローアングルを狙いたいですが、チルト液晶のコンデジが欲しい・・・

iu6fp84rfg3 (17)

ではそろそろとりあえず往復してみます。砂に足を取られることもなく、なかなか快適です。

iu6fp84rfg3 (18)

段差もあまりありません。

iu6fp84rfg3 (19)

天気もいいし、気分もアガります!

iu6fp84rfg3 (20)

乗馬のアクティビティもあるようです。

iu6fp84rfg3 (21)

かもめさんも飛んできます。

iu6fp84rfg3 (22)

またもオジサン付きの画像。

一往復して満足したら、拾った板をタンクバッグにしまいます。時間に余裕があれば、夕方再訪するために取っておきます。

iu6fp84rfg3 (23)

ここからはR249を北上して、次の目的地の巌門を目指します。

iu6fp84rfg3 (24)

ずいぶん田舎の割に立派な道路だなぁと思っていると、やっぱりコレ。志賀原発。福島の一件があってもまだやりたいのかね?

iu6fp84rfg3 (25)

更にK36を進みます。それにしてもこのへんの海の青さは一体何なんでしょう? 

iu6fp84rfg3 (26)

いくら何でも綺麗すぎる。そして青すぎる!

uhikvvwv.jpg

こちらが次の目的地、巌門のようです。早速降りてみましょう。

iu6fp84rfg3 (27)

当然ながらこの手の場合、「降りる=その後で登る」なわけで、既にこの時間帯で気温がガンガン上昇。クラキンパンツでは滝のような汗が出ます。水分補給を怠ると熱中症になりそうな暑さ。

iu6fp84rfg3 (28)

こちらは20分の遊覧船も出ていて、ちょっと乗ってみたかったけどこの日は時間的にパス。朝ごはんをホテルで食べなかったら乗れたなぁ。

iu6fp84rfg3 (29)

この後は雑誌の通りK49に進む手前で機具岩に行こうとしたら、どうも道路が反対側に抜けられないらしく、これもパス。それにしてもこのK49は途中からぐっと細い道で、イマイチ気分が乗りません。

uihlre5465477 (1)

暑いは海は見えないはで、気持ちもやや盛り下がりますが・・・

iu6fp84rfg3 (30)

でも海側に出ると景色は相変わらず最高。

uihlre5465477 (2)

海の青さに「うひょー!!」ってなります。

R249に復帰したら、途中の道の駅赤神でちょっと休憩して、また先に進みます。

iu6fp84rfg3 (31)

このくらいの気温だと、メッシュジャケットじゃないとキツイっす。たぶん30℃は超えています。

iu6fp84rfg3 (32)

唯一の救いは、日曜日というのにどこにも渋滞が無いこと。R249を輪島方向に北上していきますが、とても快適にかつマイペースで走ることができます。

ibhfj65654.jpg

途中の總持寺祖院は拝観料:大人400円だったのでパス。そしてちょうどお昼くらいに次の目的地、白米千枚田に到着です。

iu6fp84rfg3 (33)

さて、ここでまた坂を下りたり登ったりです。
(続く)

春なのでFZ750のメンテ(2)

前回のFZ750メンテ編の続きです。

FZ750のオーナーさんは皆さん百戦錬磨のテクニシャンなので、今回のような記事には興味ないと思うんですが、これからワタシのように憧れだけで乗ってみたい人にも読んでいただければなぁと(^^ゞ

ワタシのようなものでも7年乗れていますので、FZ750はよく言われるような「自分である程度いじれないと維持できない」と言うほど維持するのが難しいバイクでもないように思います。ただ地獄を見ていないだけかもしれませんけどね!


さて、まず前回外れていたスプリングですが、その日のうちにナップスさんで似たようなものを購入。

3fwdqf646 (7)

こんなもんが900円するとはちょっと驚きです。後で調べたらテックサーフさんのものも通販で買えるようなので、次回はそっちを購入します。

とりあえずこれを装着した後で、問題のマフラー対策です。


ネットでググったらすぐわかるかなぁ? と思いきや、全くヒットしないので、テックサーフさんに直接お聞きしたところ

「基本的に全部を外さないとマフラーは外れませんが、エンジン側のエキパイ以外全てを外して(エンジン側エキパイのスプリングは外さない)、エンジン側に付いているエキパイを左右に広げればオイル交換が出来ると思います。」

というご回答とともに、その状態の画像が送られてきました。


なるほど・・・ なんだか知恵の輪みたいで答えを聞くとあっけないのですが、このパターンは思いつきませんでした。

ということで、液状ガスケットだけ使い切りのものをいちおう購入して、翌週再度オイル交換作業をすることにしました。


まずはサイレンサー部分のステーを外します。

3fwdqf646 (8)

汚れているところは拭き拭きして、次は4-2部分のパイプを留めているボルトを外します。

3fwdqf646 (9)

4-2部分のスプリングを全て外して、

3fwdqf646 (10)

4-2のパイプのところから抜いて、この状態にします。

3fwdqf646 (11)

下に落ちているのは集合部に挟まった石。外すとボロボロ落ちてきて、最初何が起こったかと思いました。

後ろ側のパイプは傷つかないようにバイクカバーの上に置きます。ここからエンジン側に付いているエキパイを左右に広げます。

3fwdqf646 (12)

こうするとドレンボルトもオイルフィルタも丸見えになって、簡単に作業が可能です。

3fwdqf646 (13)

オイルパックリをドレンボルトの下にセットして、ドレンボルトを抜けば・・・

3fwdqf646 (14)

こーなります。毎年春に交換していますが、昨年はいつもより走行距離が多かったので、真っ黒っす。ごめんねFZ。オドメーターは73,000Km。これからもまだまだ走って頂きます。

今回からセンタースタンドが無いので、最後は自分でバイクを垂直に立てて、オイルを抜きます。あぁ、レーシングスタンドが欲しいですが、置き場所が無いのよね。

3fwdqf646 (15)

オイルが抜けるまでの間、パイプをキレイキレイします。

3fwdqf646 (16)

ドレンボルトを掃除して新しいワッシャーを入れます。ワッシャーはM14。変な形のボルトなので純正じゃないと思ったら、どうもこれで純正のようです。

3fwdqf646 (17)

ドレンボルトを装着。トルクレンチが無いので適当に締めますが、締めすぎないように注意します。

3fwdqf646 (18)

ジョッキでオイルを入れます。FZ750の場合2.7L。オイルは今回は純正指定のヤマルーブのスポーツ。たぶんヤマハのお店で何も言わないとこれっていうオイル。前回まではWAKO'SのPROSTAGE-Sを2りんかんで量り売りで入れていたのですが、一旦純正を使ってみます。ダメってわけじゃないんですけどね。個人的にはホンダのG2がコスパ的に好きなんですけど。

ジョッキは保管する場所も無いので毎回使い捨て。だから一番安いやつを買います。オイルパックリと合わせると900円くらいかかるので、マフラー脱着がなければ自分でやらずにお店でやった方が経済的ですな。オイルパックリの代わりに「コンビニ袋+トイペ」もアリですが、あれトイペをほどくのがメンドクサイ。

オイルを入れたらバイクをまた人力で立てて、ゲージをチェック。ジョッキが200cc刻みなので2.7Lだと目分量で700ccを決めるのですが、どうもちょっと多めに入る気がします。

この後はマフラーを装着していくわけですが、一番メンドクサイのがここです。

最初に4-2部分を4本のパイプとつなぐのですが、サイレンサーがついていると重くて作業できません。結局2-1部分を外して4-2部分だけにしないと作業はムリ。それと4本のパイプと4-2部分とつなぐのが最初慣れなくてうまくいきませんでした。4本が丁度いい位置にならないとハマりません。

でもまぁいろいろやってみたら何とかハマりました。パイプの接合部はキツキツで、なかなか元の位置まで押し込むのも難しい。グーパンチで押してみたりしてみます。

3fwdqf646 (19)

このへんで車体に固定するボルトの位置と合えばまぁOKかな? 最初全然合わなかったのですが、4-2部分をゆすってみたらうまい具合にパイプの位置が収まって、ピタッと位置合わせが出来ました。

3fwdqf646 (20)

ここまでくれば後は簡単。2-1部分を取り付けて、サイレンサー部分をステーに固定します。

3fwdqf646 (21)

スプリングの脱着はラジオペンチでもできなくはないでしょうが、ワタシは今回スプリング外しを買いました。たいして高いものでもないし、作業も楽です。


脱着後はパーツクリーナーをつけたウエスでパイプを拭いて、アイドリングしてみて特に異常もなければ、家の周りをちょっと走って確認。特に問題無いようでしたので、作業終了です。

3fwdqf646 (22)

このマフラーを買った時に取り付けてくれたナップスの方が「とても加工精度が高いマフラーでした」とおっしゃってましたが、自分で作業してみて確かにそうだなぁと思いました。結局液状ガスケットは使わなくても、排気漏れもなくピッタリハマりました。

テックサーフさんのFZ750用ZEEXは、オイル交換もフィルタ交換もNG表記ではあるものの、実際に作業してみるとそれほどの作業負荷もなく、エンジン側ガスケットの交換も不要みたいなので、NG表記についてはあまり気にする必要は無いようです。作業も慣れれば脱着ももっと早くできると思います。

これでオイルも換えたしスッキリ! 今シーズンもいろんなところに行きたいな。 
(と言うほど出かける気力も金もないのですが)



プロフィール

kenboo(けんぶー)

Author:kenboo(けんぶー)
最近食べたモノの紹介や
FZ750でのツーリングを
メインにUPしてます。

ブログランキング