美味いマズいは十人十色? ワタシの感想こんな感じ!
GWのウップンを晴らすツーリング(2)
2018年05月19日 (土) | 編集 |
さて、伊豆ツーリングの続きです。

onerb4464.jpg

今回最後の目的地は堂ヶ島の「青の洞くつめぐり」。20分で1,200円とこれまたコスパはイマイチですが、逆に20分だとツーリングの途中のイベントとしてはちょうど良い時間です。

堂ヶ島食堂にクーポンでもないか?と思ってパンフレットを探してみましたが、残念ながら見当たらず。そのまま1,200円で乗船です。

7mgr467g (25)

即乗船して待ち時間は10分くらいでしょうか? 

7mgr467g (26)

水面にはお魚。しらすにしてはデカいし、何でしょう?

7mgr467g (27)

そんなこんなで洞窟めぐりスタート! 揺れると食べたばかりのぶっかけ丼が重いです。。。

7mgr467g (28)

中より外の方が気持ちいいと思います。後ろのオープンスペースは救命胴衣を着用するようですが、前はいらないみたい。

7mgr467g (29)

いろんな奇岩や断層を眺めるのも楽しいですね。

7mgr467g (30)

そしていよいよ洞窟の中へ。

7mgr467g (31)

上手に狭い中を進んでいきます。すると上がぽっかり空いたスペースに。天窓洞と呼ばれるようです。

7mgr467g (32)

この下がちょうど光が差し込み、海面が青というかエメラルドに輝いています。

7mgr467g (33)

皆さんインスタ映えを狙って撮影タイム!

ここを出ると間もなく20分間のクルーズ終了です。これももうちょっと安かったらよかったなぁ。



帰りのアナウンスで加山雄三ミュージアムを激押しされますが、光進丸も燃えたし興味も無いのでパス。

ちょっとだけ天窓洞を上から覗きに行きます。

7mgr467g (34)

乗船場から歩いてすぐのところにあるのですが、少し坂を上ります。だんだん気温が上がってきて暑いんじゃぁ!

7mgr467g (35)

ちょうど雲も切れて、まさに夏の陽気。この状態なら石廊崎も綺麗だったろうなぁ。あと1時間早く出れば、石廊崎周りでもイケたなぁ。


さて、ツーリング中の休憩もうまく出来て、気持ちをリセットして先に進みます。

7mgr467g (36)

まずは黄金崎の馬ロック。確かに馬に見えますねぇ。

この後は宇久須でK410にスイッチ。いつものコースで仁科峠からの西伊豆スカイライン。

7mgr467g (37)

今日は運がいいのか、この時間でも富士山丸見え。

7mgr467g (38)

ただ足元には雲が出始めていますね。

7mgr467g (39)

そして天気はいいけど風が強い! そして寒い。今日は暑かったり寒かったりの温度サイクル状態でした。

西伊豆スカイラインで戸田峠まで進んだ後は、K18で修善寺に戻ります。

でもその前にだるま山レストハウスで休憩。

7mgr467g (40)

この雲の感じだと、やはり明日はあまり天気が良くなさそうです。

7mgr467g (41)

それでも何とか富士山が一日中見られたのはよかった。まさに

gurahamu.jpg

おとめ座の男のセリフを思い出します。

ここからはK80で亀石ICから伊豆スカで熱海峠まで。

7mgr467g (42)

曇ってきて更に寒い。もう早く山を下りたいので、撮影は無しで十国峠→箱根新道→西湘バイパスと来た道を戻ります。

小田原まで降りてきてようやく気温も元に戻りました。

7mgr467g (43)

西湘PAでほっと一息のコーヒータイム。さて、ここからどーするか?ですが、今日は散財したので後は下道を帰り、高速に乗ったつもりで洞くつめぐり代金を回収します。

ナビ様の予想はR129→R20周りで19:40帰宅でしたが、すり抜けの効果もあって19:10には駐輪場に到着。

7mgr467g (44)

ん? またもタマIKKOですが、これはスモールライトなのでいつものリアランプ切れ。どうせなら前回ソケットを修理する前に切れてくれればいいのに。

ちなみに今回のコースはこんな感じ。

7mgr467g (45)

伊豆もこうやってコンパクトに回ると日帰りも余裕ですね。距離も420Kmくらいなので、ちょうどよいのでは?

スポンサーサイト
テーマ:ツーリングレポート
ジャンル:車・バイク
『至上の印象派展 ビュールレ・コレクション』を見に行ってきました
2018年04月22日 (日) | 編集 |
この日はこんなところに出没。

5437wefwe (1)

乃木坂駅。たぶんこの駅に来たのは初めてじゃないかな? 目的はこちら。

5437wefwe (2)

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション』を見に国立新美術館にやってきました。

美術館で絵画なんて相当久しぶり。たぶん上野にマウリッツハイス美術館展に行って以来かと思います。

こんな展覧会をやっているのは全然知らなかったのですが、pieceさんのブログでご紹介いただいたので、こりゃ行かんといけないなと。

絵画はあまり得意でないワタシも、イレーヌ・カーンは知っています。だってこれ見てたから。

5437wefwe (3)

新井満さんの「展覧会で逢った女の子」。みんなのうたで何回も聞きましたので(^^ゞ

5437wefwe (4)

乃木坂駅の出口にチケットコーナーがあって、ここで買って入場する方式。流石美術館、建物もおしゃれです。

5437wefwe (5)

入口ではどーんとイレーヌ・カーン様がお出迎え。か、カワイイ。。。

基本的に撮影不可なので画像はありませんが、いわゆる印象派の前後を含めた一連の流れを考えて配置された画像の数々を、時系列的に見て回ることができます。

例えば同じサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂の絵が2つ展示されていましたが、アントーニオ・カナールとポール・シニャックではこれだけ違います。

こちらがカナールで

yuhvmr6846gr (1)

こっちがシニャック。

yuhvmr6846gr (2)

参考書で読むのと実際に見るのでは全然感じ方も変わってきます。GW中も開催していますので、興味があれば実際にご覧いただければと思います。

当日は土曜日で会場内はそれなりに混んではいましたが、まぁまぁゆっくりと見て回れました。少なくてもマウリッツハイス美術館展の「真珠の耳飾りの少女」のように、4秒で見ないといけないようなことは無かったです。

しかも最後に登場するモネの「睡蓮の池、緑の反映」は珍しいことに撮影可能。

5437wefwe (6)

皆撮っているのでワタシも撮りましたが、こんな画像じゃ伝わりません。是非現物を見に行ってください。

見終わったら今度こそ池尻大橋の八雲さんに行こうと思ったのですが・・・

5437wefwe (7)

併設展示の「こいのぼりなう!」が無料で見られるようです。こんなところ滅多に来ないので、ちょっと覗いてみましょう。

5437wefwe (8)

2Fに上がりますが、内部のデザインもスゴイですねぇ。

5437wefwe (9)

ちょうどビュールレ・コレクション展の上で開催していました。しかもここは撮影も可能!

5437wefwe (10)

こいのぼりっていうから例のやつかと思いきや、目も鱗もありません。でも何体も集まると壮観です。

5437wefwe (11)

かなり大きい会場で、不思議な音が流れる空間にこいのぼりが渦を巻いて泳いでいます。

5437wefwe (12)

カラフルなエリアでは錦鯉のようにも見えます。

5437wefwe (13)

そしてここのスゴイところは、何と寝そべってみることができます。これがとてもイイ。いわゆる「人間をダメにする椅子」に寄りかかって、ぼーっと見つめていると不思議な感覚になります。歩き疲れて休憩するにもちょうど良い感じです。


さて、そろそろ移動しますか・・・

5437wefwe (14)

1Fに降りりたらこんなポスターが。

5437wefwe (15)

担当研究員さんの解説会が何と今日これからです! ただこれを見てしまうと八雲さんが終わってしまう。さて、どうしよう・・なんて悩む必要は無いわけで、こっちを取ります。しかし後30分くらいしかない。お昼も食べていないし、さぁどうする?

5437wefwe (16)

中で食べてもいいのですが、それなにり混んでいるのでパス。一旦外に出てミッドタウン方面に走ります。通り沿いにコンビニがあるのは夜桜見物時にリサーチ済なので、そこで焼きそばパン買ってお昼ご飯は一旦終了!

5437wefwe (17)

解説会は撮影録音禁止なので、開始前の画像のみです。解説会はワタシのような何も知らない人でも面白いと思える内容でした。学校では「写実主義から印象派」、とか「印象派=マネ、モネ、セザンヌ、ルノワール」というキーワードは知っていても、印象派って何?ということは実は知らない。

展覧会の中でもパネルでその辺の経緯は書かれているのですが、解説会で展覧会以外の絵画も含めて印象派の発生と進展について説明をお聞きすると、また違った感慨がわいてきます。

特にマネのオランピア。

68ffjkjnr.jpg

描かれている女性が娼婦だったことも知らなかったし、当時のフランスの芸術アカデミーが、古代ローマの美術を手本にして「歴史画」、「宗教画」を高く評価していた時代に、ヴィーナスでも何でもない普通の女性、しかも娼婦を書いて発表するというのは、マネってなかなかチャレンジャーだなと。

解説会参加者は再入場できるので、終わった後にもう一度全体を見て回りました。とても有意義な一日でした。


しかし、腹が・・・へった。

haragahetta.jpg

もうどっちかというと晩御飯に近い時間帯なので、おやつ代わりにたこ焼きでも買って帰りましょう。

以前は吉祥寺駅のアトレの銀だこで買っていたのですが、閉店してしまったので今回は西荻で下車。

5437wefwe (19)

ガード下の西友の中にある銀だこさんで購入。以前荻窪のこちらでも買ってみたのですが、

5437wefwe (18)

ここ安くていいんですけど娘から「タコが小さい」とのご指摘が。

5437wefwe (20)

今回はバッチリ! 大変美味しく頂きました。たこ焼きとビールもまた人間をダメにするような気がします。

花見をハシゴする(1)
2018年04月06日 (金) | 編集 |
東京モーターサイクルショーの翌日。

7fg740jfd (2)

朝ごはん食べてまっすぐ電車で千駄ヶ谷に到着。たぶん初めてこの駅降りたなぁ。それともいうのも

7fg740jfd (1)

マツコの知らない世界で、マツコが「千駄ヶ谷門から新宿御苑に行くやつなんかほとんどいない」と言っていたから。

この日は日曜日。新宿で降りて新宿門から入ろうとすると確実に長蛇の列に並びそうなので、今回はこちらから。どうせ定期券で行けるのでお金的にはどっちでも同じ。

7fg740jfd (3)

そんなわけで、新宿御苑に向かいますが、ほとんど人がいません。流石マツコさん。

7fg740jfd (4)

余裕で待ち時間0で入園できました。

今日のお目当ては、六義園同様やはりしだれ桜。とりあえずそこに向かいましょう。

7fg740jfd (5)

途中の桜もイイ感じで咲いています。

7fg740jfd (6)

ピンクの桜にはメジロが集まってきます。ここにはいろんな種類の桜があるとTVで言っていたので、期待しちゃいます。

7fg740jfd (7)

そしてお目当てのしだれ桜ドーン!

7fg740jfd (8)

まだ朝と言っていい時間帯ですが、既にいっぱい人がいます。子供が小さい頃なら楽しいだろうなぁ。

7fg740jfd (9)

スゴイ枝ぶりです。しばらくこのしだれ桜の周りで時間を過ごしました。


さて、そろそろ別のエリアに行きたいな…と新宿門方向に歩いていきます。

7fg740jfd (10)

ドコモの代々木のビルがこの公園の中の位置を確認するランドマークですな。

7fg740jfd (11)

これは鮮やかなピンク色。

7fg740jfd (12)

紅白のコントラストも楽しい。

7fg740jfd (13)

青空によく映えます。

7fg740jfd (14)

ついついドコモのビルを一緒に入れてしまいます。

7fg740jfd (15)

イギリス式庭園から日本庭園に移動してきました。

7fg740jfd (16)

新宿なのに、まさかのサギ登場。

7fg740jfd (17)

ボケの花、カワイイ。

7fg740jfd (18)

だんだん新宿門に近づいてきました。ラッパスイセンも鮮やかです。

7fg740jfd (19)

これは何だったかなぁ・・・?

7fg740jfd (20)

こちらはユキヤナギ。

7fg740jfd (21)

これはハクモクレンかな。入口で頂いたMAPのおかげで何とか判別していますが、種類が多すぎてぐるぐるします。

さて、徐々に大木戸門方向に移動していきます。また桜がこんにちは。

7fg740jfd (22)

見事な枝の広がりです。

7fg740jfd (23)

花壇のお花も鮮やか。

せっかく来たので温室も見てみましょう。

7fg740jfd (24)

流石に桜のシーズンはあまり見る人はいないようです。

7fg740jfd (25)

やはりこの中はちょっと外とは違います。

7fg740jfd (26)

バナーナー!

7fg740jfd (27)

これはちょっとクリスマスっぽいカラー。温室なのにwww。


他にもいろいろ撮ったけど、長くなってきたのでそろそろ次のエリアに。

大木戸休憩所を抜けて、もう一度しだれ桜方向に戻ります。

7fg740jfd (28)

もう種類がいっぱいありすぎて、どの花がどの桜かワケワカラン。

7fg740jfd (30)

そしてしだれ桜に到着。また一段と人が増えてます。

7fg740jfd (29)

やっぱり壮観ですなぁ。

ではそろそろ千駄ヶ谷門に向かいましょう。

7fg740jfd (31)

白い花びらと葉っぱが鮮やか。

7fg740jfd (32)

うーん! 十分満足しました。なんだかんだで帰りは1時近くになってしまいました。

7fg740jfd (33)

ワタシと同じ考えの人が多かったのか、千駄ヶ谷門も行列です。どこまで続いているのかなぁ・・・と思ったら、

7fg740jfd (34)

ほぼ駅まで続いています。朝とは大違い。


今日はここで終了ではありません。次のエリアに移動します。

でもその前に最後の一枚。

7fg740jfd (35)

だんだん出来てきましたね、新国立競技場。ちょっと間に合うか心配ですが、まぁ日本だからたぶん大丈夫でしょう。

(続く)
テーマ:東京23区
ジャンル:地域情報
三浦半島で春を探すぜツーリング(2)
2018年03月02日 (金) | 編集 |
三浦海岸ツーリングの後半です。

まずFZと桜を撮った後は、一旦バイクを駐車して散策します。

4232bnbknfw (16)

駐車ポイントは前回リサーチ済なので問題なし。ちょうど線路の上を通る道路の下にある駐輪スペースを利用します。

4232bnbknfw (19)

いかにも春って感じですなぁ。

4232bnbknfw (17)

まだ2月なのに桜が見られるとは! 東北出身のワタシには信じられないのぉ~!

4232bnbknfw (18)

菜の花! これみると房総に行きたくなります。

4232bnbknfw (20)

唯一厳しいのは鼻。このパターンだと夜には壊れますが、潔くあきらめましょう。

4232bnbknfw (21)

周辺は完ぺきにお花見モード! ビール飲みてぇ!

4232bnbknfw (22)

ここからは線路を見下ろせる場所に移動。

4232bnbknfw (23)

鉄ヲタではありませんが、お約束の一枚。

4232bnbknfw (24)

さて、下に戻りましょう。その前に梅を愛でます。

4232bnbknfw (25)

牡丹もかわゆく咲いています。

4232bnbknfw (26)

お花を探しているときりがありません。さて、そろそろ帰りましょうか。

4232bnbknfw (27)

しかし、その前のもう一度FZを撮影。

4232bnbknfw (28)

しかし、道路に寝そべっての撮影は通行の邪魔らしく、ドラックのお兄さんから罵倒されました。世間にご迷惑をおかけして申し訳ないので、そろそろ退散しますか。


ここからは野比→久里浜と経由して観音崎へ。だいぶ気温も上がってきてハードウィンタージャケットでは汗ばんでしまいます。朝はあんなに寒かったのに。

4232bnbknfw (29)

観音崎到着。でも灯台まで歩く気にはなれず、何となく過ごして終了。

4232bnbknfw (30)

さて、後はR16を北進して帰るだけ。

4232bnbknfw (31)

このへんの馬堀海岸の道路は流すと気持ちいいです。帰りはR16から保土ヶ谷バイパス経由でR246に出て、後はよみうりランドのそばをかすめて帰りましたが、あまり通ったことのないルートをカーナビに案内されました。

カーナビアプリを使うと知らない道を案内されるので、これはこれで面白いですね。

タイムライン的にはこんな感じ。

ferfgregreg.jpg


次はやはり松田町の桜&餃子ラーメンかな?

テーマ:ツーリングレポート
ジャンル:車・バイク
三浦半島で春を探すぜツーリング(1)
2018年02月28日 (水) | 編集 |
先週末の土曜は最高気温が14℃の予報。しかもまぁまぁ晴れ。となればやはりバイクを出すわけですが、問題はどこにいくか?

候補地としては①三浦半島の桜、②松田町の桜、だったのですが、この日の予報は午後は曇り。富士山が見れないと意味ないので、今回は①の選択となります。

しかしながら変温動物のワタシは寒いと活動できないので、この日の出発も9時半過ぎ。晴れの日こそ朝は寒いので、ゆっくり出かけます。しかも最近のパターン通りで「寒いから下道オンリー」でございます。Y!カーナビ様の案内では到着予定は13時頃と3時間半! たかが80Kmにこの時間・・・恐るべし東京。

ルートはイマイチわからないながら、新横浜をかすめつつR16に合流。横須賀に着くころには既にお昼時。

そろそろ疲れたのとトイレ休憩のために停車します。

4232bnbknfw (1)

一年ぶりくらいのヴェルニー公園。今回は軍港巡りはしないので、ちょっと公園を見て回ります。

4232bnbknfw (2)

戦艦長門の碑を眺め・・・

4232bnbknfw (3)

遊歩道を散歩。

4232bnbknfw (4)

米軍基地はこの奥なのですが、今日回ったら原子力空母見れたかな・

4232bnbknfw (5)

今回はいずも級はいなくて4002なので「しもきた」ですな。これはこれで立派です。後ろはイージス艦かな。

ここで一息ついて、ここからは衣笠経由で三浦海岸を目指します。

その前にちょっとコンビニで休憩。

4232bnbknfw (6)

今回はまとまったごはんタイムが取れそうにないので、ここでちょっとお腹に入れておきます。パン系にしようとおもったけれど、寒いのでラーメン系が恋しい。ということで妥協の産物。

4232bnbknfw (7)

ツーリング中にカップ麺食べるのはめったに無いことですが、鳴龍さんの担々麺を頂きます。

4232bnbknfw (8)

しかもここはイートインスペースも無いので、駐車場で頂くことに。ちょっとお下品ですが、許してニャン。

4232bnbknfw (9)

うーむ。めっちゃ温まるぅ~! 思いがけなく食べる担々麺が美味いです。しかも300円しないし。


あったまって元気も復活したので、先に進みましょう。いやー、何か暑くなってきた!

4232bnbknfw (10)

ここからは海側に出て、以前ダルマさんに教えて頂いた津久井浜でFZの撮影。

4232bnbknfw (11)

でもR134はめちゃ混んでいて、すり抜けも大変なのよ。車で来る気はちょっとしないなぁ。

4232bnbknfw (12)

いつ見てもかわいいFZ750。33年物ですから大事に乗りましょう。

ここからは激込みの三浦海岸駅周辺をパスして、京急久里浜線の河津桜エリアに合流します。

4232bnbknfw (13)

やはりかなりの人出。予想はしていましたが・・・・

4232bnbknfw (14)

なかなか人の流れが切れないので、撮影も大変ですが無理矢理路駐して撮影。昨年は駐車ポイントが悪くて電信柱の影が映ってしまったので、今回は注意します。

4232bnbknfw (15)

菜の花と桜。何と素晴らしいことでしょう。
(つづく)






テーマ:ツーリングレポート
ジャンル:車・バイク