「とりあえず食ったもんUp~!!」

美味いマズいは十人十色? ワタシの感想こんな感じ!

「たまたま」食べれるぅ~?

今回のテーマの「たまたま」ってこれのことです。

werogreg.jpg

宮崎の完熟きんかん、「たまたま」。

勤め先の知り合いから頂きました。

どうやって食べるのかなぁ? と思いきや、何と皮ごと食べます。

皮ごと食べる柑橘類って今まで食べたこと無かったのですが、皮の中のフレッシュな味が口の中に広がって新鮮な感じです。

そしてとても甘ーい! 多少すっぱいミカンが好きなワタシと娘には、ちょっと甘すぎ?

それにしてもこのネーミング、一説には東国原さんが名付け親という話もありますが、TVで東国原さんが「名前で失敗した」と言ってました。うーん、たまたまかぁ。

金柑でたまたまだからなぁ。。。

スポンサーサイト

『至上の印象派展 ビュールレ・コレクション』を見に行ってきました

この日はこんなところに出没。

5437wefwe (1)

乃木坂駅。たぶんこの駅に来たのは初めてじゃないかな? 目的はこちら。

5437wefwe (2)

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション』を見に国立新美術館にやってきました。

美術館で絵画なんて相当久しぶり。たぶん上野にマウリッツハイス美術館展に行って以来かと思います。

こんな展覧会をやっているのは全然知らなかったのですが、pieceさんのブログでご紹介いただいたので、こりゃ行かんといけないなと。

絵画はあまり得意でないワタシも、イレーヌ・カーンは知っています。だってこれ見てたから。

5437wefwe (3)

新井満さんの「展覧会で逢った女の子」。みんなのうたで何回も聞きましたので(^^ゞ

5437wefwe (4)

乃木坂駅の出口にチケットコーナーがあって、ここで買って入場する方式。流石美術館、建物もおしゃれです。

5437wefwe (5)

入口ではどーんとイレーヌ・カーン様がお出迎え。か、カワイイ。。。

基本的に撮影不可なので画像はありませんが、いわゆる印象派の前後を含めた一連の流れを考えて配置された画像の数々を、時系列的に見て回ることができます。

例えば同じサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂の絵が2つ展示されていましたが、アントーニオ・カナールとポール・シニャックではこれだけ違います。

こちらがカナールで

yuhvmr6846gr (1)

こっちがシニャック。

yuhvmr6846gr (2)

参考書で読むのと実際に見るのでは全然感じ方も変わってきます。GW中も開催していますので、興味があれば実際にご覧いただければと思います。

当日は土曜日で会場内はそれなりに混んではいましたが、まぁまぁゆっくりと見て回れました。少なくてもマウリッツハイス美術館展の「真珠の耳飾りの少女」のように、4秒で見ないといけないようなことは無かったです。

しかも最後に登場するモネの「睡蓮の池、緑の反映」は珍しいことに撮影可能。

5437wefwe (6)

皆撮っているのでワタシも撮りましたが、こんな画像じゃ伝わりません。是非現物を見に行ってください。

見終わったら今度こそ池尻大橋の八雲さんに行こうと思ったのですが・・・

5437wefwe (7)

併設展示の「こいのぼりなう!」が無料で見られるようです。こんなところ滅多に来ないので、ちょっと覗いてみましょう。

5437wefwe (8)

2Fに上がりますが、内部のデザインもスゴイですねぇ。

5437wefwe (9)

ちょうどビュールレ・コレクション展の上で開催していました。しかもここは撮影も可能!

5437wefwe (10)

こいのぼりっていうから例のやつかと思いきや、目も鱗もありません。でも何体も集まると壮観です。

5437wefwe (11)

かなり大きい会場で、不思議な音が流れる空間にこいのぼりが渦を巻いて泳いでいます。

5437wefwe (12)

カラフルなエリアでは錦鯉のようにも見えます。

5437wefwe (13)

そしてここのスゴイところは、何と寝そべってみることができます。これがとてもイイ。いわゆる「人間をダメにする椅子」に寄りかかって、ぼーっと見つめていると不思議な感覚になります。歩き疲れて休憩するにもちょうど良い感じです。


さて、そろそろ移動しますか・・・

5437wefwe (14)

1Fに降りりたらこんなポスターが。

5437wefwe (15)

担当研究員さんの解説会が何と今日これからです! ただこれを見てしまうと八雲さんが終わってしまう。さて、どうしよう・・なんて悩む必要は無いわけで、こっちを取ります。しかし後30分くらいしかない。お昼も食べていないし、さぁどうする?

5437wefwe (16)

中で食べてもいいのですが、それなにり混んでいるのでパス。一旦外に出てミッドタウン方面に走ります。通り沿いにコンビニがあるのは夜桜見物時にリサーチ済なので、そこで焼きそばパン買ってお昼ご飯は一旦終了!

5437wefwe (17)

解説会は撮影録音禁止なので、開始前の画像のみです。解説会はワタシのような何も知らない人でも面白いと思える内容でした。学校では「写実主義から印象派」、とか「印象派=マネ、モネ、セザンヌ、ルノワール」というキーワードは知っていても、印象派って何?ということは実は知らない。

展覧会の中でもパネルでその辺の経緯は書かれているのですが、解説会で展覧会以外の絵画も含めて印象派の発生と進展について説明をお聞きすると、また違った感慨がわいてきます。

特にマネのオランピア。

68ffjkjnr.jpg

描かれている女性が娼婦だったことも知らなかったし、当時のフランスの芸術アカデミーが、古代ローマの美術を手本にして「歴史画」、「宗教画」を高く評価していた時代に、ヴィーナスでも何でもない普通の女性、しかも娼婦を書いて発表するというのは、マネってなかなかチャレンジャーだなと。

解説会参加者は再入場できるので、終わった後にもう一度全体を見て回りました。とても有意義な一日でした。


しかし、腹が・・・へった。

haragahetta.jpg

もうどっちかというと晩御飯に近い時間帯なので、おやつ代わりにたこ焼きでも買って帰りましょう。

以前は吉祥寺駅のアトレの銀だこで買っていたのですが、閉店してしまったので今回は西荻で下車。

5437wefwe (19)

ガード下の西友の中にある銀だこさんで購入。以前荻窪のこちらでも買ってみたのですが、

5437wefwe (18)

ここ安くていいんですけど娘から「タコが小さい」とのご指摘が。

5437wefwe (20)

今回はバッチリ! 大変美味しく頂きました。たこ焼きとビールもまた人間をダメにするような気がします。

グラバー亭

この日は会社のイベントで飲み会。ただあまりいい内容ではなく、ワタシ自身はあまり気持ちよく酔えず。

食べ物もそれほど食べられず、その割に飲むのはそれなりに飲んだのでバランスが悪く、ちょっと食べて帰りたい。

そんなときに重宝していたのが「さとう」さんでしたが、閉店してしまったので、今日はこちら。

80jrehr4 (1)

久々のグラバー亭さん。

前からちょっと気になっていたのですが…

80jrehr4 (2)

この長崎ラーメンってなんだろね?

530円とリーズナブルな一品なので、これをオーダー。

それで出てきたのがこちら。

80jrehr4 (3)

たぶんスープはちゃんぽんと似た感じ。具はネギ、紅ショウガ、チャーシュー、メンマ、さやえんどう。

ちょっと不思議ないでたちですが、頂いてみると、これが飲んで食べる一品としてはなかなかイイ!

スープはとんこつ系というよりあっさり系。と言っていわゆる塩ラーメンのスープとも違います。これが何だかアルコールの後に沁みる味なんだな。

麺もちゃんぽん麺じゃない中華麺で、この麺がまたスルスルと入っていく細麺。これもイイ!

正直言ってちゃんぽんの時は「そーでもない」と思ったのですが、これは好印象でした。はっきりってシンプルだけど、それがいい。

また飲んだ後の〆の一杯に頂きたいな。

そう言えば太麺皿うどんもまだ食べていないので、そっちも今度頂きましょう。

住所:三鷹市下連雀3-25-8


春なのでFZ750のメンテ(2)

前回のFZ750メンテ編の続きです。

FZ750のオーナーさんは皆さん百戦錬磨のテクニシャンなので、今回のような記事には興味ないと思うんですが、これからワタシのように憧れだけで乗ってみたい人にも読んでいただければなぁと(^^ゞ

ワタシのようなものでも7年乗れていますので、FZ750はよく言われるような「自分である程度いじれないと維持できない」と言うほど維持するのが難しいバイクでもないように思います。ただ地獄を見ていないだけかもしれませんけどね!


さて、まず前回外れていたスプリングですが、その日のうちにナップスさんで似たようなものを購入。

3fwdqf646 (7)

こんなもんが900円するとはちょっと驚きです。後で調べたらテックサーフさんのものも通販で買えるようなので、次回はそっちを購入します。

とりあえずこれを装着した後で、問題のマフラー対策です。


ネットでググったらすぐわかるかなぁ? と思いきや、全くヒットしないので、テックサーフさんに直接お聞きしたところ

「基本的に全部を外さないとマフラーは外れませんが、エンジン側のエキパイ以外全てを外して(エンジン側エキパイのスプリングは外さない)、エンジン側に付いているエキパイを左右に広げればオイル交換が出来ると思います。」

というご回答とともに、その状態の画像が送られてきました。


なるほど・・・ なんだか知恵の輪みたいで答えを聞くとあっけないのですが、このパターンは思いつきませんでした。

ということで、液状ガスケットだけ使い切りのものをいちおう購入して、翌週再度オイル交換作業をすることにしました。


まずはサイレンサー部分のステーを外します。

3fwdqf646 (8)

汚れているところは拭き拭きして、次は4-2部分のパイプを留めているボルトを外します。

3fwdqf646 (9)

4-2部分のスプリングを全て外して、

3fwdqf646 (10)

4-2のパイプのところから抜いて、この状態にします。

3fwdqf646 (11)

下に落ちているのは集合部に挟まった石。外すとボロボロ落ちてきて、最初何が起こったかと思いました。

後ろ側のパイプは傷つかないようにバイクカバーの上に置きます。ここからエンジン側に付いているエキパイを左右に広げます。

3fwdqf646 (12)

こうするとドレンボルトもオイルフィルタも丸見えになって、簡単に作業が可能です。

3fwdqf646 (13)

オイルパックリをドレンボルトの下にセットして、ドレンボルトを抜けば・・・

3fwdqf646 (14)

こーなります。毎年春に交換していますが、昨年はいつもより走行距離が多かったので、真っ黒っす。ごめんねFZ。オドメーターは73,000Km。これからもまだまだ走って頂きます。

今回からセンタースタンドが無いので、最後は自分でバイクを垂直に立てて、オイルを抜きます。あぁ、レーシングスタンドが欲しいですが、置き場所が無いのよね。

3fwdqf646 (15)

オイルが抜けるまでの間、パイプをキレイキレイします。

3fwdqf646 (16)

ドレンボルトを掃除して新しいワッシャーを入れます。ワッシャーはM14。変な形のボルトなので純正じゃないと思ったら、どうもこれで純正のようです。

3fwdqf646 (17)

ドレンボルトを装着。トルクレンチが無いので適当に締めますが、締めすぎないように注意します。

3fwdqf646 (18)

ジョッキでオイルを入れます。FZ750の場合2.7L。オイルは今回は純正指定のヤマルーブのスポーツ。たぶんヤマハのお店で何も言わないとこれっていうオイル。前回まではWAKO'SのPROSTAGE-Sを2りんかんで量り売りで入れていたのですが、一旦純正を使ってみます。ダメってわけじゃないんですけどね。個人的にはホンダのG2がコスパ的に好きなんですけど。

ジョッキは保管する場所も無いので毎回使い捨て。だから一番安いやつを買います。オイルパックリと合わせると900円くらいかかるので、マフラー脱着がなければ自分でやらずにお店でやった方が経済的ですな。オイルパックリの代わりに「コンビニ袋+トイペ」もアリですが、あれトイペをほどくのがメンドクサイ。

オイルを入れたらバイクをまた人力で立てて、ゲージをチェック。ジョッキが200cc刻みなので2.7Lだと目分量で700ccを決めるのですが、どうもちょっと多めに入る気がします。

この後はマフラーを装着していくわけですが、一番メンドクサイのがここです。

最初に4-2部分を4本のパイプとつなぐのですが、サイレンサーがついていると重くて作業できません。結局2-1部分を外して4-2部分だけにしないと作業はムリ。それと4本のパイプと4-2部分とつなぐのが最初慣れなくてうまくいきませんでした。4本が丁度いい位置にならないとハマりません。

でもまぁいろいろやってみたら何とかハマりました。パイプの接合部はキツキツで、なかなか元の位置まで押し込むのも難しい。グーパンチで押してみたりしてみます。

3fwdqf646 (19)

このへんで車体に固定するボルトの位置と合えばまぁOKかな? 最初全然合わなかったのですが、4-2部分をゆすってみたらうまい具合にパイプの位置が収まって、ピタッと位置合わせが出来ました。

3fwdqf646 (20)

ここまでくれば後は簡単。2-1部分を取り付けて、サイレンサー部分をステーに固定します。

3fwdqf646 (21)

スプリングの脱着はラジオペンチでもできなくはないでしょうが、ワタシは今回スプリング外しを買いました。たいして高いものでもないし、作業も楽です。


脱着後はパーツクリーナーをつけたウエスでパイプを拭いて、アイドリングしてみて特に異常もなければ、家の周りをちょっと走って確認。特に問題無いようでしたので、作業終了です。

3fwdqf646 (22)

このマフラーを買った時に取り付けてくれたナップスの方が「とても加工精度が高いマフラーでした」とおっしゃってましたが、自分で作業してみて確かにそうだなぁと思いました。結局液状ガスケットは使わなくても、排気漏れもなくピッタリハマりました。

テックサーフさんのFZ750用ZEEXは、オイル交換もフィルタ交換もNG表記ではあるものの、実際に作業してみるとそれほどの作業負荷もなく、エンジン側ガスケットの交換も不要みたいなので、NG表記についてはあまり気にする必要は無いようです。作業も慣れれば脱着ももっと早くできると思います。

これでオイルも換えたしスッキリ! 今シーズンもいろんなところに行きたいな。 
(と言うほど出かける気力も金もないのですが)



春なのでFZ750のメンテ(1)

先日Webikeでメンテグッズをお買い物。春になったらプラグとオイル交換をしないといけないなと思いまして。

3fwdqf646 (1)

一緒にブレーキバッドも買いましたが、こちらはもうちょっと引っ張ってからやるつもりです。

オイル交換は2りんかんさんのオイル会員になっているのですが、昨年マフラーを集合管にしたので、どうしても脱着作業が発生してしまいます。なので自分でやった方が安いかなと。

3fwdqf646 (2)

ということで、一式抱えて自転車で駐輪場に向かいます。

まずはプラグ交換。

3fwdqf646 (5)

最初にサイドカウルを外して、次にプラグキャップを外してゴミ掃除。これにはエアダスターを使います。これちゃんとやらないと思わぬミスにつながります。

3fwdqf646 (3)

プラグの脱着は車載工具+ラチェットレンチで作業します。FZ750はここが狭いのでとてもやりにくいです。前のCB400SFはタンク外せばとても簡単でしたが、FZ750は45度前傾エンジンのため、タンク外してもラジエターずらしても意味ありません。

3fwdqf646 (4)

プラグは今回純正指定のDP8EA-9。今までは買った時についていたレジスタ入りのDPR8EA-9を使っていたのですが、今回はレジスタ無しを選択。

最後にプラグキャップを元に戻して終了。面倒ですが作業自体は単純です。


次にマフラーを外してオイル交換・・・と作業を進めたのですが、ここで問題発生。

3fwdqf646 (6)

まずマフラースプリングがなぜか2本も外れていました。こんなもん振動で外れるとは思えませんが・・・

まぁ、これはしょうがないので後で買ってつけておきましょう。

問題はそこではなくて、マフラーが外れません。

昨年購入したテックサーフさんのマフラーは、エンジン側のフランジ部分がこのようにスプリングで止めてあるタイプなので、エンジン側のスプリングを全て外して、マフラーを留めているボルトを外せば自重でマフラーは外れると思いきや、全く外れませんでした。

いちおう取付説明書も読んでみたものの、毎回フランジ毎外す仕様とも思えません。フランジを外すとガスケットを交換することになるし、マフラーを分割するとやはり液体ガスケットが必要かもしれませんが、今回はどちらも用意していません。

こりゃ一旦撤退して策を考えましょう。

持ってきたオイルやジョッキなどを持ち帰って今回は終了です。

しかし、背中に背負ったオイルが重い・・・

駐輪場が離れている悲哀を感じます。

目黒川の桜を堪能する!

4月もだいぶたちましたが、まだ桜見物シリーズは続きます。

この日は土曜日、朝方ちょっと通院で外に出たら、あまりのイイ陽気に耐えられなくなって、電車に飛び乗りました。

321geif4ey (1)

やってきました、中目黒駅。今回は目黒川の桜見物ですが、既に中目黒駅前はカオス状態。

1111111.jpg

今回は中目黒から池尻大橋方面に進み、お昼は念願の八雲で麺活をするつもりですが、まずは人の流れとともに橋の方に進みます。すると、

321geif4ey (3)

何だか逆側の方がキレイな気がしてきました。ということで、急遽方向を転換。とりあえず目黒駅方面に進んで、途中で折り返して池尻大橋に向かうことにしましょう。

222222.jpg

ちなみにこの図はこちらからゲットできます。

321geif4ey (2)

そう言えばここに来る途中、AFURIってラーメン屋さんの前を通りましたが、めっちゃ並んでました。たぶんこの調子では八雲も大変なことになっていそうな気がします。

321geif4ey (4)

この日の桜は満開~ちょい散り始めって感じ。可憐な花がまだ咲き誇っています。

321geif4ey (5)

そしてここは水面に浮かぶ花弁との対比が楽しめます。

321geif4ey (6)

そして鴨さんと…

321geif4ey (7)

カメさん。これはミドリガメがでっかくなったやつですね。

321geif4ey (8)

道端の黄色いお花も綺麗カワイイです。

321geif4ey (9)

ボートのオジサン。そう言えば目黒川は一時期ジェットスキーの侵入が問題になっていましたが、こういうボートなら風情もあっていいと思います。それも程度問題でしょうが。

321geif4ey (10)

このへんでそろそろ折り返そうかと思いましたが…

321geif4ey (11)

中目黒公園で一休みしましょう。まずはトイレ休憩してじっくりお花を眺めます。

321geif4ey (12)

花弁と葉っぱのコントラストがキレイです。

321geif4ey (13)

こちらはピンクの桜。

321geif4ey (14)

色とりどり。春ですなぁ~♪

321geif4ey (15)

蜂さんが来ないかなぁ…と待ってみましたが、そういう時はだいたい来ないもの。

321geif4ey (16)

赤と白の混じった桜。こんな種類もあるんですね。

321geif4ey (18)

こちらは真っ白な花弁が密集しています。これも綺麗。

321geif4ey (19)

さて、中目黒公園も堪能したし、あらためて折り返そうと思いましたが、何だかもうちょっと先まで行ってみたくなったので予定変更。このまま目黒駅まで進むことにします。

321geif4ey (20)

この辺りはちょうど中目黒駅と目黒駅の中間みたいで、人の数もちょっと少な目。ゆっくりと桜を堪能できます。

321geif4ey (21)

いいですねぇ…

321geif4ey (22)

このへんで夜桜も楽しいだろうなぁ。

321geif4ey (23)

でも花のUPを堪能できるのは昼間ならではです。

321geif4ey (24)

だんだん目黒駅が近づいてきました。

321geif4ey (26)

再びボートのオジサン。

321geif4ey (25)

川幅も広くなってきて、もうすぐ海っぽい感じ。さて、この辺りで目黒駅に向かいましょう。


そう言えばこの後は池袋に行くのですが、その前にお昼をどうしましょう? 八雲さん以外はノープランでしたので、適当に権之助坂のお店で済ませましょう。

321geif4ey (27)

ということで、お邪魔したのは久々の陳麻家さん。

321geif4ey (28)

この看板を見たら、陳麻飯の麻婆が載ったマーボラーメンが食べたいなと。

オーダーしたのは陳麻麺(チンマーメン)。

321geif4ey (29)

なかなかいい色です。陳麻家の麻婆はチェーン店にしてはまぁまぁ美味いと思います。汁そばにしてしまうとちょっとパワーが減りますね。陳麻飯の方が麻婆がガツンと来ます。

321geif4ey (30)

麺はゆで時間重視の細麺。これがちょっと物足りない。担々麺ならこれでもいいけど、麻婆麺としてはもうちょっとプルプル感が欲しい。それと湯切りしたときのタモの形そのままに盛られるとちょっと萎えます。

でもまぁ麻婆が食べたかったので一応納得。ごっつぁんでした。

住所:目黒区下目黒1-5-20


目黒なんて久々に来たので、ちょっと駅前を散策。

昔嫁さんとデートしたお店がまだあるかなぁ・・・なんて探してみましたが、見つけられず。

この後は池袋に移動します。

321geif4ey (31)

ここも人だらけだなぁ。

321geif4ey (32)

前回お休みだったMOE Gardenで娘へのプレゼントを購入。またもバムケロ。

この日は娘の誕生日。早めに帰ってきたのはお持ち帰り寿司を手配しないといけなかったから。

ygwbfwwdd.jpg

いくら好きの娘に、きゅうりの載っていないお寿司。

後は飲んだくれて寝るだけ~♪

潤井川&ちょい伊豆ツーリング(2)

潤井川ツーリングの続きです。

岩本山公園から次は富士市東側の菜の花畑を探します。ネタ元はこちら。


まずは岩本山を下りますが、途中の茶畑でパチリ。

08fgr8gr (1)

ホントはこのへんも富士山見えるはずなんですけどねぇ。

更に進むと眼下に潤井川が見下ろせます。

08fgr8gr (2)

先ほどはワタシもこの橋の上で粘っておりました。

さて、「富士市東部の田園地帯」と「新幹線」を頼りに菜の花畑を探しますが、なかなか見つかりません。

唯一見つかったのはこちら。

08fgr8gr (3)

たぶんここだと思います。いいアングルを探したいところですが、既に富士山が見えなくなっているので。もうあまり頑張って探す気力もありません。

このへんで富士市から離脱しましょう。

08fgr8gr (4)

ここはK163かなぁ? 沼津方向に向かっていますが、街道は桜満開です。

08fgr8gr (5)

沼津港到着。だいたい12:30くらいでしょうか。今日はこちらでお昼です。

08fgr8gr (6)

春休み期間中ですが、平日ですので人は少な目です。今日はかもめ丸さんのぬまづ丼を頂く予定だったのですが・・・

08fgr8gr (7)

何と本日お休みでした。

08fgr8gr (8)

ビッグ揚げ物の丸天さんもチェックしてみましたが、こちらはやはり要ウェイティング。
(でも土日よりずいぶん行列は少ないです)

08fgr8gr (9)

かさごのから揚げ食べたい・・・でも一人では胸焼けしそうです。

ということで、今日はこちら。

08fgr8gr (10)

魚河岸割烹さかなや千本一さんでぬまづ丼を頂きます。

08fgr8gr (11)

こちらでは2種類のぬまづ丼があるようですが、ワタシのお目当ては桜海老と生しらす。

昔「バイク旅行」って雑誌にこれが載ってまして…

RIMG0046_20130318205410.jpg

実際にかもめ丸さんに食べに行ったのですが、結局食べたのはお刺身定食だったことがあったので、次回は是非ぬまづ丼を…と思いまして。

手を洗ってお茶を飲み暫く待っていると、着丼!

08fgr8gr (12)

具が前面に広げてあるのかと思いきや、真ん中に寄せてあります。ちょっとイメージと違うなぁ。はっきり言って具が少ない気がします。

08fgr8gr (13)

生しらすと桜海老は春を感じますなぁ。お店の人が「ご飯はアジの炊き込みご飯なので味が付いてますから醤油は控えめに」と教えて頂いたので、その通り頂きます。

やはり活きのイイ生しらずはウマー! しかし念願のぬまづ丼全体の感想は。。。美味しいけど1400円+税を出すほどでもないかなぁ。しらすには白ご飯が合うように思います。

さて、この後はどうするか? ですが、

①高速で帰る
②一般道でR1から帰る
③もうちょっと伊豆を走る

の3択。まだ13:00ですからこりゃ③だよね。

08fgr8gr (14)

ここからはいつものコースというか、R414→K17→K127→K18と進んで戸田に向かいます。

やっぱりちょっと山道走りたいし、峠の桜も楽しみたいから。

08fgr8gr (15)

K17も平日だと車も少なくて快適です。これで富士山が見えれば言うこと無いのですが…。

まぁ富士山には縁が無かったのでしょう。その代わり峠の桜はキレイでしたよ。

08fgr8gr (16)

ちょうどいいタイミングだったようです。満開!

08fgr8gr (17)

鼻は既に壊れていますが、うれしいことこの上なし。

一気に戸田まで駆け下り、出会い岬へ。

08fgr8gr (18)

あー、やっぱり富士山見えず。

でも振り返れば桜の回廊。

08fgr8gr (19)

これが見られれば大満足です。さて、では次は来た道を戸田に戻りましょう。

08fgr8gr (20)

午後の海が逆光で光っています。

ここからはK18を駆け上がり、修善寺を目指します。

08fgr8gr (21)

途中の学校の桜も見事でした。「K127→K18→出会い岬で折り返してまたK18→K80→亀石から伊豆スカ」のコースはバイクで流すには超快適で、個人的に大好きなコースです。

435ufwfgw.jpg

途中スカイポート亀石でトイレ休憩して、後は熱海峠まで快適に走ります。

08fgr8gr (22)

玄岳で途中撮影してみましたが、やはり富士山は見えず。残念!

ここからは箱根新道→西湘バイパスと進んで海沿いをまた流します。

08fgr8gr (24)

沼津で散財してしまったので、西湘二宮ICからはいつもの下道でコストセービング。

小田厚の側道を走り、R129→R16と進んで今回は八王子周りで帰宅。

08fgr8gr (25)

久々にガッツリ走ったなぁ。今回の距離でだいたい360Kmくらいでしょうか。やっぱり高速使うと楽ですねぇ。

結局インナージャケットは潤井川で脱いで、最後まで背中のバッグにしまっていました。こういう時にリアケースがあるといいなぁと思うのですが、FZ750にリアケースは似合わんのよ。

潤井川&ちょい伊豆ツーリング(1)

この日は会社をお休みしてお出かけです。

何が気になるって、これですよ、これ。


これは桜が散る前に何としても行かなくてはいけません。

一つ気になるのが、ここ最近は全くと言っていいほど富士山に縁がなく、撮影にことごとく失敗しているということ。

しかーし、行かないことには撮影自体できません。この日の予想気温は23~25℃と絶好のタイミングですので、朝6:15起床。

785efhug7 (1)

眠いなぁ・・・と思いつつ、ライダースジャケットに着替え、駐輪場に向かいます。だいぶ温かいと言っても朝はそれなりに冷えてるので、今日のいでたちは

上:長袖シャツ+ウインタージャケット(インナー付き)
下:カドヤのクラキンパンツ

で行きます。絶対これだと暑いのですが、インナーは途中で脱ぐ前提。

さて、まずは腹ごしらえ。

785efhug7 (2)

いつもの松屋さんでいつもの朝食です。

785efhug7 (3)

決め手は「塩コショウ」を出してもらうこと。目玉焼きには塩コショウ派なんです。このミニ牛皿セットがお気に入り。

この日のルートは川崎街道経由で東名川崎から東名を富士ICまで進みます。もうこの気温であれば高速でも無問題。

785efhug7 (4)

富士山もまぁまぁ見えています。ただ朝の天気予報で「黄砂&PM2.5に注意」と言っていたのが気になります。

785efhug7 (5)

これは御殿場あたりでしょうか。まだOKです。このまま天気が持ってくれれば良いのですが。

途中海老名SAでトイレ休憩して、あとは富士ICまで淡々と走ります。

785efhug7 (6)

ここで9:15くらい。ちょっと山頂に雲が出始めました。早く潤井川まで行かなければ! でもここからはもう10分くらいです。

785efhug7 (7)

そしてようやく到着! しかしながらさっきの雲がだんだんデカくなってきています。

785efhug7 (8)

そうは言っても十分綺麗です。周りには三脚とゴツい一眼のカメラおじさんだらけ。スマホとコンデジの人はワタシくらいです。

785efhug7 (9)

準備のいい方はなんと長靴で川の中から狙っています。ワタシは濡れないところで菜の花でも撮りますか。

785efhug7 (10)

富士山の雲はなかなか消えないので、朝日に輝くFZ750など撮りながら、近くを歩いてみることにしましょう。

785efhug7 (11)

道端の何気ない花が可憐だなぁ。

785efhug7 (12)

もちろん桜も綺麗ですよ。

785efhug7 (13)

黄色い花を見ると春を感じますねぇ。

785efhug7 (14)

歩道にバイクを停めて撮影したいところですが、それはマナー違反なのでパス。

785efhug7 (15)

戻ってきましたが、あまり好転しないですねぇ。もう1時間、いやせめて30分早く来ないとイケなかったということかぁ。

ゴツいカメラマンさんが「これだけ雲が出てくると今日はもうダメだなぁ・・・」と言っているので、そろそろ退散しましょう。

おっとその前にインナージャケットを脱がないと。いい加減もう暑くてたまりません。

785efhug7 (16)

次の目的地も富士山狙いなので、着くまでに改善を期待したいところです。

785efhug7 (17)


次の目的地は岩本山公園です。ここからは15分くらいでしょうか。

785efhug7 (18)

途中で潤井川を渡りますが、この辺が龍厳淵っていうのかしら?

785efhug7 (19)

そんなこんなで岩本山公園到着。まずは広いトイレを探します。クラキンパンツは脱がないとウ〇コできないので、台のある「だれでもトイレ」が有難いんです。

何とかトイレも無事に済んで、さて富士山をチェックしましょう。

785efhug7 (20)

あー、ヲワタ。やはり今年は富士山に縁がない。あのタイミングで潤井川を脱出したのはある意味正解ですな。

785efhug7 (21)

ラッパスイセンは雲の影響ないので、いつも通りカワイイです。

785efhug7 (22)

富士山は一番いい画像でもこれかなぁ。ここにも一眼レフおじさんがいますが、みなさん「今日はもーひどいなぁ…」とこぼしています。すみません、ワタシのせいかもしれません。

こういう時は諦めて何か食べちゃいましょう。

785efhug7 (23)

屋台でフランクフルトを頂きます。ケチャップとマスタードがしっかり効いてて美味いっす。

でもこれが気になったんだよなぁ。

785efhug7 (24)

富士宮名物しぐれ焼き。

ただ、ここでお昼を頂くつもりではなかったので、今回はパス。

さて、ここからどーすっかなぁ?
(続く)

六本木で夜桜見物

もう東京ではソメイヨシノは散ってしまいましたが、このブログの中ではまだまだ花見シーズンです。

なんてったって会社でもお昼休みにお花見~♪

78hrgjwoyew (1)

今年はあたみ桜まつりから始まり、もう何度お花見をしたことだろう・・・

そんなこの日のお昼はゆで太郎のカツ丼をガッツリ。

78hrgjwoyew (2)

会社帰りのお散歩に備えます。

そして退社後は日比谷線で移動です。

78hrgjwoyew (3)

ここも初めてじゃないかなぁ、東京ミッドタウンです。今日のお目当てはこちら。

78hrgjwoyew (4)

東京ミッドタウンの桜のライトアップです。

78hrgjwoyew (5)

まぁカラフルなライトアップ。ここも大勢の人が訪れていますが、千鳥ヶ淵に比べればカワイイものです。

上の画像は歩道橋からの撮影ですが、降りて通りを歩いてみましょう。

78hrgjwoyew (6)

紫を基調とした明かりが幻想的です。

78hrgjwoyew (7)

「CHANDON」のボトルインスタレーション。桜色のシャンパンを頂けるようですが、オジサンは並んで飲むのも恥ずかしいので、見るだけで満足です。ちなみに近くのコンビニで缶ビール買って、ベンチで飲んでいる方もちらほらいらっしゃいました。

78hrgjwoyew (8)

別の歩道橋から逆方向に眺めます。このコーナー、ちょっとバイクで走ってみたいです。でも昼は渋滞してるのかな?

78hrgjwoyew (9)

歩道橋を降りるとちょうど30分間隔のスペシャルライトアップ。1分間しかないのであっという間に終わります。

78hrgjwoyew (10)

振り返れば東京タワー。あぁ、東京の夜ですなぁ…


さて、この辺でミッドタウンから六本木ヒルズ方面に移動します。

78hrgjwoyew (11)

そう言えばpieceさんに教えて頂いた国立新美術館のイレーヌ・カーンを早く見に行かないと! 

78hrgjwoyew (12)

ここでは六本木さくら坂と毛利庭園を歩いてみます。

しかし、六本木さくら坂ってどこなのかしら? 最初はけやき坂に桜でもあるのかと思ったのですが・・・

78hrgjwoyew (13)

全くないんですよねー。

さくら坂はここの一本南側に入ったところにありました。

78hrgjwoyew (15)

桜は見事なんですが、ライトアップも景観もイマイチで、たぶん昼の方がキレイなんだと思います。ということで見物客も少な目。

78hrgjwoyew (14)

ということで、けやき坂に戻って、テレ朝方向に降りてきました。

毛利庭園の前にちょっとテレ朝ショップに寄り道。

78hrgjwoyew (16)

アクション仮面とぶりぶりざえもん。臼井儀人さんのご冥福をお祈りいたします。

78hrgjwoyew (17)

タモさんと撮影できます。

78hrgjwoyew (18)

そして徹子さんとも撮影できます。こんな夜に来ると人の入りもガラガラです。春休みなのでたぶん日中は激混みだと思うのですが。

ではそろそろ毛利庭園に移動です。

78hrgjwoyew (19)

もうちょっとポジションを選べば完全なハートに見えるのですが、オジサンはお姉さんの集団に割り込めないので、この辺で我慢。

78hrgjwoyew (20)

池に桜が映ります。

78hrgjwoyew (21)

ここからも東京タワーがチラ見できます。

78hrgjwoyew (22)

六本木ヒルズには何度も来たことがありますが、毛利庭園に来たのは初めてでした。次回は是非昼間に訪れてみたいです。

そろそろ帰路につきましょう。家で晩ごはんが待っています。

プロフィール

kenboo(けんぶー)

Author:kenboo(けんぶー)
最近食べたモノの紹介や
FZ750でのツーリングを
メインにUPしてます。

ブログランキング